オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

豊田市大島町で、外壁塗装の中塗り上塗りを施工し、完工しました


今回は豊田市大島町にて施工していた、外壁塗装工事が完工しましたので、紹介します。
前回、外壁の補修、目地コーキング、下塗りの様子を紹介しました。
既存コーキングをカットした後にコーキングを新設する様子
外壁のクラック補修の施工後
外壁下塗りの塗装の様子
外壁の下塗りが終わったので次は中塗り、上塗りになります。

塗装工事は基本的には3回の塗装が必要になります。
1回目の塗装で下塗り材と呼ばれる、シーラーやフィラー、錆び止めの塗装を行います。

シーラーとは、塗料本材と外壁を密着させる効果のある塗料です。
これを塗らずに塗料本材を塗ると、塗料が外壁にしっかりくっつかないため、塗装が1年持たずに剥がれてしまう事も多いです。
また、モルタルなどの外壁材は年数の経過などにより、スポンジに水が染み込むように、外壁が塗料を吸いこむ事があります。この場合、必要な塗料がかなり多くなってしまいますが、こういった際にはシーラーを吸いこませる事で対処します。

フィラーとは、凹凸のある外壁材を平たくならすための下塗り材です。その性質から凹凸の大きいモルタル壁や、ヘアークラック(髪の毛ほどの小さなひび割れの事)が多くできてしまっている外壁に使用されます。
また、微弾性フィラーというシーラーの役割を同時に持つ物もあります。

錆び止めは、名前の通り、錆を抑える効果のある下塗り材です。金属性の素材を塗装する際に使用します。
ただ、これは錆びの発生を抑える効果があるだけで、錆びている物を戻す事はできません。
なので、錆びている物に塗装をする際には、塗装の前に錆を削り落す必要があります。


さて、残りの中塗りと上塗りになりますが、基本的には同じ種類の塗料を塗った後1度乾かし、再度塗装する事になります。
というのも、一度の塗装では塗膜をあまり厚く作ろうと思うと、塗料は液体なので、重みで垂れてしまうためです。
一度で作れる塗膜では薄くなってしまうため、中塗り上塗りと分ける必要があります。
外壁塗装の中塗り上塗りの様子
外壁塗装の中塗り上塗りの様子
外壁塗装の中塗り上塗りの様子
中塗り、上塗りの写真になります。
今回のお宅は同じ色での施工となっていますが、中には色が同じだと「本当に二回塗装したのかわからない」とおっしゃられる方もいらっしゃいます。
そういった場合、中塗りと上塗りの色を分ける事で、きちんと二回塗装した事がわかるように施工させていただいています。
また、色を分けると、外壁の劣化具合が分かるというメリットもあるのですが、劣化が目立ちやすいというデメリットもあります。
皆様も、外壁塗装の際には、必ず施工店にどちらが良いのかお伝えください。
大島町で施工した外壁塗装工事の完工写真
大島町で施工した外壁塗装工事の完工写真
大島町で施工した外壁塗装工事の完工写真
最後に、窓などに塗料がつかないように貼ってあった養生を剥がして完工になります。

これで外壁塗装の工事は終了になります。
お家の方にも丁寧にやってもらったとご好評いただき、お家の方のお子さんにも、外壁の塗装体験をやっていただいたのでとてもご満足いただけました。

当社では1年に1度は、施工に問題が無かったか、定期点検にもお伺いさせていただいていますので、今後もお家を長く使えるよう、責任をもって点検させていただこうと思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根葺き替え工事の様子

こんにちは!街の屋根や尾張北店です。1月も気がつけばもう終わりですね!街の屋根やの職人も寒さに負けず今日も元気よく朝早くから現場に向かっております!!今日は一宮市木曽川町にて屋根の葺き替え工事が始まりましたのでこちらのブログでご紹介させて頂...........

屋根補修工事の施工前の様子

今回は岐阜県各務原市のお宅にて外装工事を行いました。以前一宮市で施工させていただいたお客様からご紹介をいただき現地調査に伺い工事をさせていただきました。

瓦止めと漆喰工事の施工前の様子

今回は、岩倉市で施工した、瓦止め工事の様子を紹介します。今回のお宅では漆喰が完全に割れてしまっており、それを気にされてご連絡いただきました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん尾張北店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-966-902