オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

豊田市明和町にて施工中の、外壁塗装工事の塗装工程の様子


今回は、豊田市明和町にて施工中の外壁塗装の様子を紹介します。
付帯物周りにシーリングを入れる様子
地目にシーリングを入れる様子
外壁のシーリングの様子
シーリングの工程が終わったので、塗装工程に入っていきます。
塗装工事は、基本的には3回の塗装が必要になり、それぞれ下塗り、中塗り、仕上げ塗りと言います。
下塗りの工程では、よく耳にする「シリコン」や、「フッ素」といった、塗料本材ではなく、下塗り材と呼ばれる塗料を使用します。

下塗り材にはいくつか種類があります。
一番よく使われる下塗り材が「シーラー」という塗料で、塗料本材と外壁材をくっつける役割を持っています。この塗料を塗らずに塗装をすると、塗料が外壁材とくっつかないため、塗膜がすぐに剥がれてしまいます。
また、外壁材によっては(触るとポロポロと外壁材がとれてしまうような素材に多くみられます)、経年劣化によって表面にとても細かい空洞ができてしまっており、毛細管現象という、空洞に液体が吸い込まれる現象が起きてしまう事があります。
職人さんがたまに外壁が塗料を吸い込むと表現する事があり、それはこの現象の事を言っているのですが、この吸い込みによく使われるのがシーラーになります。この時にしっかりシーラーを吸いこませずにいると、塗料本材を吸いこんでしまい、外壁と塗膜の中に隙間ができ、割れやすくなってしまいます。

外壁の凹凸を無くすための塗料としてよく使われる「フィラー」という塗料もあります。また、シーラーの効果も持った微弾性フィラーという種類もあり、小さなひび割れが多いお家の下塗り材としてよく使われます。

他にも、金属性の素材に塗装する際には、「錆び止め」という、錆びの発生を抑える塗料を使用したり、状態によって複数の下塗り材を使用する事もあります。
外壁に下塗りしている様子
外壁に下塗りしている様子
下塗りが終わったら塗料本材を使用した中塗り、仕上げ塗りに入っていきます。
この中塗りと仕上げ塗りはどちらも同じ塗料を使用します。1回だけの塗装では、塗膜が薄く、対候年数が短くなってしまいます。塗膜を厚く塗ろうとすると、塗膜にムラができてしまい、見栄えが悪くなってしまいます。
ですので、1度目の中塗りが乾いた後、その上から再度仕上げ塗りを行い完工となります。
外壁に塗装している様子
外壁に塗装している様子
外壁に塗装している様子
外壁塗装完工の様子
これで塗装工事は完工となります。
今回のお宅は最初の状態も一見すると悪くなかったのですが、しっかり点検すると状態の劣化がよく見られました。知らずに外壁が悪くなりきってしまうと、外壁上から外壁材を貼るサイディング工事しかできず、かなりの費用がかかってしまいます。
そうならないためにも、定期的な点検は必ずしてもらうようにしましょう。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根葺き替え工事の様子

こんにちは!街の屋根や尾張北店です。1月も気がつけばもう終わりですね!街の屋根やの職人も寒さに負けず今日も元気よく朝早くから現場に向かっております!!今日は一宮市木曽川町にて屋根の葺き替え工事が始まりましたのでこちらのブログでご紹介させて頂...........

屋根補修工事の施工前の様子

今回は岐阜県各務原市のお宅にて外装工事を行いました。以前一宮市で施工させていただいたお客様からご紹介をいただき現地調査に伺い工事をさせていただきました。

瓦止めと漆喰工事の施工前の様子

今回は、岩倉市で施工した、瓦止め工事の様子を紹介します。今回のお宅では漆喰が完全に割れてしまっており、それを気にされてご連絡いただきました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん尾張北店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-966-902