オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

豊田市明和町にて、目地などのシーリング工事を施工しました。


今回は豊田市明和町にて着工が始まった、外壁塗装工事の様子を紹介します。
このお宅では、前回現地調査をさせていただき、外壁にひび割れなどがみられて塗装工事を施工する事になりました。


今日の作業は、シーリングの工事になります。
シーリングとは、弾力のあるボンド材のような物で、外壁の目地(外壁材と外壁材の継ぎ目の事)や、付帯物周りの継ぎ目などに使われています。
また、水を弾くという特徴もあるので、外壁や基礎のひび割れの応急手当ての補修にも使われることがあります。

シーリングは、外壁同士を繋げる役割もあるのですが、それ以上に衝撃を逃がすために使われています。堅い素材で外壁を繋げてしまうと、地震などの衝撃を逃がすことができず、ひび割れ発生の原因となってしまいます。

年数の経過したお宅では、シーリングが割れてしまっている事が多いですが、年数の経過によって、硬化してしまったシーリングが、振動などで割れてしまうためです。
シーリングが割れてしまっているということは、外壁自体も衝撃を逃がす事ができず、ひび割れが発生してしまっている事が多いです。
外壁の目地が割れてしまっているお宅に外壁塗装の営業が来るのは、外壁自体のひび割れが始まっているかもしれないため、もう施工しないといけない事を伝えるために来ています。
付帯物周りにシーリングを入れる様子
付帯物周りにシーリングを入れる様子
付帯物周りにシーリングを入れる様子
付帯物周りの目地にシーリングを入れる様子です。

目地にシーリングを入れる前にプライマーという、下塗り材を塗ります。
外壁塗装でもそうですが、その上に塗る物と外壁を密着させる効果がある物をプライマーといい、これを塗らないと、塗膜がしっかりくっつかず、塗膜が剥がれやすくなってしまいます。DIYなどで塗装をする再にも、面倒ですが必ずこれを塗ってから塗装するようにしましょう。

プライマーを塗装し、しっかり乾燥した後にシーリングを入れていきます。
地目にシーリングを入れる様子
地目にシーリングを入れる様子
地目にシーリングを入れる様子
地目にシーリングを入れる様子
目地にシーリングを入れていきます。
付帯物周りと同じように、プライマーを塗っていき、その上からシーリングを入れて、綺麗にならしていきます。

外壁のシーリングの様子
目地や付帯物周り以外でも、外壁のひび割れにもシーリングをします。
ひび割れてしまった状態のまま外壁塗装をしてしまうと、そのひび割れの中に空洞ができる事になり、塗膜が早く割れてしまう原因になってしまいます。
そのため、ひび割れを埋めるように、中に浸透するようにシーリングをうち、空洞ができないようにしてから塗装をします。

シーリングの工事はこれで完成となります。次回からは塗装の工事に入っていきますのでよろしくお願いします。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根葺き替え工事の様子

こんにちは!街の屋根や尾張北店です。1月も気がつけばもう終わりですね!街の屋根やの職人も寒さに負けず今日も元気よく朝早くから現場に向かっております!!今日は一宮市木曽川町にて屋根の葺き替え工事が始まりましたのでこちらのブログでご紹介させて頂...........

屋根補修工事の施工前の様子

今回は岐阜県各務原市のお宅にて外装工事を行いました。以前一宮市で施工させていただいたお客様からご紹介をいただき現地調査に伺い工事をさせていただきました。

瓦止めと漆喰工事の施工前の様子

今回は、岩倉市で施工した、瓦止め工事の様子を紹介します。今回のお宅では漆喰が完全に割れてしまっており、それを気にされてご連絡いただきました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん尾張北店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-966-902