オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

豊田市宝来町にて、外壁塗装の3回塗りを行いました。


今回は、豊田市宝来町で施工中の、外壁塗装工事について紹介します。
前回、外壁塗装前のシーリング作業について紹介しました。
付帯物周りにシーリングする様子
シーリング施工するさまざまな場所の様子
シーリング施工するさまざまな場所の様子

外壁塗装工事は基本的に複数回の塗装を行います。
塗料本材は基本的には2回、その前には下塗り材の塗装が必要になります。
下塗り塗装している様子
この半分から右の白い塗料が下塗り材となります。
下塗り材とは、塗装工事前塗る、塗料本材を長持ちさせるための塗料の事を言います。
下塗り材にもいくつかの種類があり、今回はトタンの外壁材を使用しているため、サビ止めという塗料を塗っています。
この塗料は名前の通り、金属性の外壁材に塗装する事で、サビの発生を抑える効果があります。
下塗り塗装している様子
こちらの白い塗料は、先ほどのサビ止めではなく、微弾性フィラーという下塗り材になります。
この塗料はシーラー(塗料本材と外壁材を密着させたり、外壁材にできてしまった細かい空洞に染み込ませる事で、塗料本材が外壁に吸い込まれてしまう事を防ぐ塗料)という塗料と、フィラー(外壁の凹凸を減らすための塗料で、外壁表面にできた小さなひび割れを埋める塗料)という塗料を混ぜた塗料となります。

このように、用途によって様々な塗料があるのですが、必要に応じて複数回下塗りを行うもあります。
このように、塗装工事でも事前の調査によって工事に使用する材料が変わる事も多いです。
本材塗装の様子
本材塗装の様子
下塗りが終わったら塗料本材の塗装に入っていきます。
二枚目の写真は下塗り材との色が近く分かりにくくなっていますが、薄く色が入っています。
先ほど塗料本材は2回の塗装が必要と書きましたが、1回の塗装では、塗膜が薄いために対候年数が落ちてしまいます。
一方で、1度で塗膜を厚く作ろうとすると、塗料が重量に耐えられず垂れてしまったり、塗膜の厚さにムラができてしまったりします。
ですので、少し手間にはなりますが、1度綺麗に塗装をし、乾かした後に2回目の塗装を行います。
本材塗装の様子
本材塗装の様子
また、当社では雨樋や、など、塗装に関しては必要の無い箇所以外、塗れるところは全部塗装をさせていただいています。
ここでもきちんと、赤いサビ止めを塗装し、乾かしてから黒い塗料本材の塗装を行っています。
塗装工事完工の様子
これで塗装工事は完了となります。
今回の塗装工事はトタンの外壁材を使用しており、窯業系サイディングの外壁材と比べて、使う塗料も少しずつ変わってきます。
塗装工事をする前にしっかりした現地調査を行う事で、実際の工事をスムーズに、適切な工事ができるようになるのです。


皆様も、小さな工事を頼む際にも、必ずしっかりした現地調査、丁寧な対応を行う工務店を探して頼むようにしましょう。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根葺き替え工事の様子

こんにちは!街の屋根や尾張北店です。1月も気がつけばもう終わりですね!街の屋根やの職人も寒さに負けず今日も元気よく朝早くから現場に向かっております!!今日は一宮市木曽川町にて屋根の葺き替え工事が始まりましたのでこちらのブログでご紹介させて頂...........

屋根補修工事の施工前の様子

今回は岐阜県各務原市のお宅にて外装工事を行いました。以前一宮市で施工させていただいたお客様からご紹介をいただき現地調査に伺い工事をさせていただきました。

瓦止めと漆喰工事の施工前の様子

今回は、岩倉市で施工した、瓦止め工事の様子を紹介します。今回のお宅では漆喰が完全に割れてしまっており、それを気にされてご連絡いただきました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん尾張北店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-966-902