オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

豊田市宝来町にて、付帯物周りのシーリング工事を施工しました。


今回は、豊田市宝来町にて施工中の外壁工事の様子を紹介します。
このお宅では、前回定期点検にお伺いし、トタン外壁のサビが見られ、外壁塗装工事をする事になりました。

今回の外壁塗装工事では、塗装の前にシーリングを行います。
シーリングとは塞ぐという意味のある単語で、ここでは目地(外壁材と、外壁材や付帯物の継ぎ目の事を目地といいます。)を埋めたり、ひび割れを埋める施工の事を言います。
付帯物周りにシーリングする様子
付帯物周りにシーリングする様子
付帯物周りにシーリングする様子
付帯物周りにシーリングする様子
付帯物周りにシーリングする様子
外壁と付帯物の目地にシーリングを充填する様子です。

周りにはみ出す事の無いように養生テープ(青いテープです。)を貼り、シーラー(外壁とその上に塗る物を密着させる効果のある下塗り用塗料の事です。外壁塗装の際にも使用します。)を塗っていき、その上からシーリングを塗り、綺麗に慣らし、乾かしてから養生テープを剥がします。

目地は外壁の様々な場所にあり、大きい掃き出し窓の上や、外壁と屋根の継ぎ目など、施工箇所はかなり多いです。
シーリング施工するさまざまな場所の様子
シーリング施工するさまざまな場所の様子
シーリング施工するさまざまな場所の様子
このような目地があるのはきちんと理由があり、外壁材と別の箇所を繋げる役割があります。
外壁材は基本的には小さく切り分けられた状態で作っており、大きいサイズの外壁材は作る時や運ぶ時に、より多くの労力が必要になってしまいます。
しかし、小さく作りすぎると、お家に継ぎ目が多くなりすぎてしまいます。
継ぎ目というのは雨水の侵入経路になる可能性があるなど、お家にとっては無い方が良い事が多いです。(屋根についている日をとりいれるための窓も、雨漏れの原因になりやすいです。)
このような理由で、ある程度の間隔で継ぎ目は作られており、その継ぎ目に雨水が入らないようにするために、目地にシーリングを入れています。

次に、目地にシーリングを入れる事で、衝撃の緩衝をする役割があります。
シーリングは柔軟性のある素材なので、地震や車の振動などを受け流してくれます。これが固い素材だった場合、振動を受け流せなくなり、外壁材にひびが入りやすくなってしまいます。
そのため、経年劣化などによってシーリングが固まってしまった場合、振動を受け流せなくなってしまうので、注意が必要です。

このように、目地のシーリング工事は小さな工事ですが、外壁にとってはとても重要な工事になります。
ごく稀に、外壁塗装工事をとにかく安くするために、目地工事などをされない方もいらっしゃいますが、目地が綺麗に見えたとしても、年数が経っていれば外壁よりも先に目地の劣化が始まってしまいます。
せっかく足場を組んで外壁塗装の工事をするのであれば、外壁と対候年数を合わせるためにも必ず目地工事はしてもらいましょう。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根葺き替え工事の様子

こんにちは!街の屋根や尾張北店です。1月も気がつけばもう終わりですね!街の屋根やの職人も寒さに負けず今日も元気よく朝早くから現場に向かっております!!今日は一宮市木曽川町にて屋根の葺き替え工事が始まりましたのでこちらのブログでご紹介させて頂...........

屋根補修工事の施工前の様子

今回は岐阜県各務原市のお宅にて外装工事を行いました。以前一宮市で施工させていただいたお客様からご紹介をいただき現地調査に伺い工事をさせていただきました。

瓦止めと漆喰工事の施工前の様子

今回は、岩倉市で施工した、瓦止め工事の様子を紹介します。今回のお宅では漆喰が完全に割れてしまっており、それを気にされてご連絡いただきました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん尾張北店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-966-902