オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

豊田市志賀町にて、目地打ちと外壁の塗装を施工しました。


今回は豊田市志賀町にて施工している、外壁塗装工事の現場を紹介します。
前回、このお宅の足場の仮設と洗浄の様子を紹介しました。
外壁塗装の為の足場を組んでいる様子
外壁塗装前の外壁水洗いの様子

外壁塗装の工程は、順番に「足場の仮設」「外壁の洗浄」「目地シーリング打ち」(シーリングや塗料の対候年数によって塗装後の事もあります。)、「下塗り」「中塗り」「上塗り」
となります。
ですので、次に施工するのは「目地シーリング打ち」になります。
地目にシーリングを充填した様子
地目にシーリングを充填した様子
目地の写真です。
既存の目地シーリングをカッター等で剥がし、そこにシーリングを充填していきます。

当社では外壁塗装の際には必ず目地打ちの工事をさせていただいています。
目地というのは外壁材の継ぎ目であり、衝撃を逃がすためにシリコンを取材とした柔らかい素材を使っています。
目地にクラック(ひび割れの事をクラックといいます。)が入っているというのは、経年劣化によって目地の素材が硬化してしまい、地震などの衝撃を受け流せなくなっている状態です。
一見目地シーリングが綺麗に見えてもシーリングの硬化は始まっている事が多いので、外壁塗装などの際には必ず目地打ちをやってもらいましょう。

目地シーリング打ちが終わったら次は下塗りに入っていきます。
外壁の下塗り塗装している様子
外壁の下塗り塗装している様子
下塗り塗装は塗料本材とは違う塗料を使用します。
今回使っている塗料は微弾性フィラーという種類の塗料です。
微弾性フィラーは、外壁材と塗料をくっつける両面テープのような役割に加えて、ヘアークラック(髪の毛ほどの小さなクラックの事です。)を埋める効果のある塗料です。
外壁の金属素材の下塗り塗装している様子
外壁の金属素材の下塗り塗装している様子
これは金属素材の下塗りです。
この赤い塗料はサビ止めという種類の塗料になります。
これを塗っておくと、素材が錆びてしまうのを防いでくれるため、金属素材には必ずこの塗料を使用します。
また、今回使用している塗料は上の塗料と同じで外壁材と塗料をくっつける効果も持っています。
外壁の塗料本材の塗装している様子
外壁の塗料本材の塗装している様子
下塗りが終わったら塗料本材の塗装をしていきます。
この塗料本材は一度塗装した後、乾かしてから再度塗装します。
普通に1度塗装するだけだと、塗膜があまり厚くならず、対候年数が短くなってしまいます。
今の外壁塗装工事は、下塗りも含めて計3回の塗装を行う事が一般的になっています。
外壁の塗装工事完工の様子
外壁の塗装工事完工の様子
二回目の塗料本材での塗装がしっかり乾いたら塗装工事完了となります。
しかしこれでもう外壁が大丈夫というわけではなく、この後使ううちに思わぬ劣化が見つかる事もあります。
当社では、そういった際にもすぐ対応できるように、1度施工させていただいたお宅には毎年1回無料で点検を行わせていただいています。
もし皆様のお宅で、定期的な点検をしていない方はすぐ施工店に相談し、点検をしてもらいましょう。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

古くなった漆喰

今回は稲沢市での漆喰の屋根リフォームの様子を紹介します。今回のお家は台風の被災を気にされており、屋根の工事をしたいとの事でお伺いしました。

洋屋根に使用されていたトタン部分

今回は稲沢市で施工した、洋屋根の屋根補修工事の様子を紹介します。洋屋根は、おしゃれなお家によく似あう屋根ですが、それに合わせて特殊な構造をしている事もあります。今回のお家では屋根材として洋瓦を使用しており、部分的にトタン部分や、屋根の継ぎ目...........

a6311c6403341b02ef41610f6902745c

今回は、一宮市の皆様へ、屋根リフォームについてのご案内をします。一口に屋根リフォームと言っても、屋根リフォームには様々な種類があります。漆喰の屋根リフォームや葺き替えの屋根リフォームなど、そんなタイミングで行えばよいのでしょうか。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん尾張北店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-966-902