オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

稲沢市で築15年が経過したS×Lの戸建て住宅を外装リフォームしました。




こんにちは!街の屋根やさん春日井店の坂口です。

今日は稲沢店の超ご近所でS×L社の戸建て住宅を外装リフォームしましたのでリポートさせていただきます!

築15年以上経過したO様のお家の外壁は手で触るとチョーキングを起こしており、
サイディングのジョイント部分やサッシ周りに施してあるシーリングは風化してボロボロになっている状態でした。
外壁にもクラックが見られます。


外壁クラック現象
外壁クラック現象
外壁クラック現象


一部例外を除いてですが、一般的にサイディングの劣化は、

チョーキングの発生 → シーリングの劣化 → 外壁のクラック → 凍結爆裂

といった順で進行していきます。

劣化の進行により一度低下した建材の強度は二度と元に戻りませんので、
できれば傷みが進む前にお手入れしていただくのがベストと言えるでしょう。


お家の外壁をチェックしてみて、サイディングの目地に打ってあるシーリングに異変が起きていれば、
それは「お手入れのタイミングを知らせるサイン」かもしれません。


そこで今回はシーリングの工事のポイントついてO様邸の工事写真を使ってお話ししたいと思います。


シーリング工事成功の3ステップは

ステップ① 塗装に使用する塗料の寿命にあったシーリング材を選択する
ステップ② 効果の期待できる正しい工事を打ち合わせにて確認する
ステップ③ 熟練のシーリング職人を指名して施工してもらう


まず①についてですが、最近ではフッ素塗料や無機塗料の普及により塗膜の寿命が15年を超えることが珍しくありません。
そしてシーリング材もそれらの塗料のライフサイクルにあったものが存在します。


せっかく無機塗料(期待耐候20年)を使って塗装したのに、
シーリング工事は一般的な変成シリコンシーリング(期待耐候10年未満)を施工してしまっては、
後々きっと後悔する工事になってしまいます。

サイディング劣化


ちなみに弊社では高耐久塗料をご指名のお客様には高耐久シーリング剤の「オートンイクシード」をご提案しています。


②の「効果」とは「防水機能」のことを意味します。
外装リフォームの際に行うシーリング工事は外からの雨水を壁内に侵入させないことが目的ですので、
充分な厚みを確保して正しくシーリングできていないと、
防水の機能は期待できないどころか、数年以内に剥がれ落ち、美観も損ないかねません。

必ず古いシーリングを撤去してから、新しいシーリングを充填するようにします。


古いシーリング撤去
古いシーリング撤去
プライマー(接着剤)の塗布
プライマー(接着剤)の塗布
シーリング剤の充填
シーリング剤の充填
シーリング剤のならし
シーリング剤のならし
仕上がり
仕上がり


写真の目地に青いテープが見えていますが、これは絶縁テープでボンドブレーカーと言います。

ボンドブレーカーが無いとどうなってしまうかと言うと、
シーリングが背面にも接着してしまい、ネジレやボードの反りが起きた瞬間に、
接着面から裂けてしまいます。施工時は必ず「ボンドブレーカー」を確認するようにしてください。


そして最後の③ですが、実はこれが一番大事かもしれません。
未熟な職人では正しい施工の理屈はわかっていても、上手に施工することができないと言ったことが起きたりします。


弊社ではシーリング工事は「シーリング専門の職人」が施工しています。


施工店によっては1人の職人がシーリング工事も塗装工事もまかなっているというところも存在するでしょうが、、、
ハッキリと私の経験からお話ししますと、餅は餅屋というのが答えでございます。


レストランの厨房では、野菜を切る人、肉を焼く人、スープを調理する人、パンを焼く人、デザートを作る人と全てが役割分担されて、調理を行います。


それぞれの一流が、ひとつの素晴らしいコース料理を作り出すように、
外装リフォームもそれぞれの職人が最高の技で持って、リフォーム工事を完成させます。


シーリング工事侮ることなかれ。

ぜひ、ご自身の工事の際には参考になさってください。

それではまた次回!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根葺き替え工事の様子

こんにちは!街の屋根や尾張北店です。1月も気がつけばもう終わりですね!街の屋根やの職人も寒さに負けず今日も元気よく朝早くから現場に向かっております!!今日は一宮市木曽川町にて屋根の葺き替え工事が始まりましたのでこちらのブログでご紹介させて頂...........

屋根補修工事の施工前の様子

今回は岐阜県各務原市のお宅にて外装工事を行いました。以前一宮市で施工させていただいたお客様からご紹介をいただき現地調査に伺い工事をさせていただきました。

瓦止めと漆喰工事の施工前の様子

今回は、岩倉市で施工した、瓦止め工事の様子を紹介します。今回のお宅では漆喰が完全に割れてしまっており、それを気にされてご連絡いただきました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん尾張北店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-966-902