オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

小牧市新町にて雨押さえ板金の交換工事を施工しました。


今回は小牧市にて施工した、雨押さえ板金の交換工事の紹介をします。
このお宅では壁際から雨の浸入があるようでした。壁際からの雨の浸入は雨樋の原因としては比較的よくあります。
劣化して隙間の空いてしまった板金
劣化して隙間の空いてしまった板金
劣化して隙間の空いてしまった板金
今回の工事箇所です。こげ茶色の金属の板を(雨押さえ板金)と言います。
一番左の写真だと分かりやすいですが、板金がめくれてしまっているのが分かります。板金の隙間から雨水が入ってしまい、雨漏れに繋がってしまったようです。

雨漏れを直す場合は一度屋根瓦をめくり、その下に入っている葺土(ふきど)も撤去し、その下に入っている防水シート(ルーフィング)の状態にします。
屋根の雨漏れは一般的にこの防水シートが破れてしまう事から起こります。
今回の雨漏れの場合も防水シートが痛み、雨漏れになりました。

施工の工程としては、上記でもお伝えした通り、まず雨押さえ板金から3枚目ぐらいまで瓦をめくります。
その際に、雨押さえに入っている、漆喰もすべて撤去します。
瓦の下には葺土もあるため、雨漏れが起こっていると思われる箇所の葺土も撤去します。
壁際の瓦を剥がし、掃除した状態
壁際の瓦を剥がし、掃除した状態
すべての撤去が終わったら、その下に新しい防水シートを敷きます。
壁際に防水シートを敷いた状態
壁際に防水シートを敷いた状態
その次に木下地で算木を入れ、その上に瓦を並べていきます。
防水シートの上に心木を組んだ状態
瓦を並べたら雨押さえの板金の下に、漆喰を入れ直し、新設した板金を被せます。
雨押さえ板金交換の完工
雨押さえ板金交換の完工

施工の工程は以上になります。

 この工事のポイントは、どこの部分から雨漏れしているかしっかり見極める事になります。

雨漏れの際には屋根の葺き替え工事を行う事が多いですが、今回は費用の兼ね合いもあり、施主様とご相談の上、既存の瓦を使用しての部分葺き替え工事となりました。既存の瓦を使用する際には、施工途中で瓦を破損してしまう恐れがあるので、一枚一枚丁寧に扱い、施工してもらうのが良いと思われます。

今は瓦の材料も昔と変わってきていて、軽量の瓦が増えているために、昔の瓦を使用している場合は、破損すると瓦がすでに作られて無い物もあります。

今回は瓦の破損も無く、施工後の雨漏れも無く、丁寧に仕上げる事ができました。

屋根の施工方法は、多々ありますが、費用はあまりかけたくない場合や、今のお家を変えたくないとお考えの場合は、街の屋根やさんにご相談下さい。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

古くなった漆喰

今回は稲沢市での漆喰の屋根リフォームの様子を紹介します。今回のお家は台風の被災を気にされており、屋根の工事をしたいとの事でお伺いしました。

洋屋根に使用されていたトタン部分

今回は稲沢市で施工した、洋屋根の屋根補修工事の様子を紹介します。洋屋根は、おしゃれなお家によく似あう屋根ですが、それに合わせて特殊な構造をしている事もあります。今回のお家では屋根材として洋瓦を使用しており、部分的にトタン部分や、屋根の継ぎ目...........

a6311c6403341b02ef41610f6902745c

今回は、一宮市の皆様へ、屋根リフォームについてのご案内をします。一口に屋根リフォームと言っても、屋根リフォームには様々な種類があります。漆喰の屋根リフォームや葺き替えの屋根リフォームなど、そんなタイミングで行えばよいのでしょうか。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん尾張北店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-966-902