オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

小牧市新町にて雨押さえ板金の交換工事を施工しました。


今回は小牧市にて施工した、雨押さえ板金の交換工事の紹介をします。
このお宅では壁際から雨の浸入があるようでした。壁際からの雨の浸入は雨樋の原因としては比較的よくあります。
劣化して隙間の空いてしまった板金
劣化して隙間の空いてしまった板金
劣化して隙間の空いてしまった板金
今回の工事箇所です。こげ茶色の金属の板を(雨押さえ板金)と言います。
一番左の写真だと分かりやすいですが、板金がめくれてしまっているのが分かります。板金の隙間から雨水が入ってしまい、雨漏れに繋がってしまったようです。

雨漏れを直す場合は一度屋根瓦をめくり、その下に入っている葺土(ふきど)も撤去し、その下に入っている防水シート(ルーフィング)の状態にします。
屋根の雨漏れは一般的にこの防水シートが破れてしまう事から起こります。
今回の雨漏れの場合も防水シートが痛み、雨漏れになりました。

施工の工程としては、上記でもお伝えした通り、まず雨押さえ板金から3枚目ぐらいまで瓦をめくります。
その際に、雨押さえに入っている、漆喰もすべて撤去します。
瓦の下には葺土もあるため、雨漏れが起こっていると思われる箇所の葺土も撤去します。
壁際の瓦を剥がし、掃除した状態
壁際の瓦を剥がし、掃除した状態
すべての撤去が終わったら、その下に新しい防水シートを敷きます。
壁際に防水シートを敷いた状態
壁際に防水シートを敷いた状態
その次に木下地で算木を入れ、その上に瓦を並べていきます。
防水シートの上に心木を組んだ状態
瓦を並べたら雨押さえの板金の下に、漆喰を入れ直し、新設した板金を被せます。
雨押さえ板金交換の完工
雨押さえ板金交換の完工

施工の工程は以上になります。

 この工事のポイントは、どこの部分から雨漏れしているかしっかり見極める事になります。

雨漏れの際には屋根の葺き替え工事を行う事が多いですが、今回は費用の兼ね合いもあり、施主様とご相談の上、既存の瓦を使用しての部分葺き替え工事となりました。既存の瓦を使用する際には、施工途中で瓦を破損してしまう恐れがあるので、一枚一枚丁寧に扱い、施工してもらうのが良いと思われます。

今は瓦の材料も昔と変わってきていて、軽量の瓦が増えているために、昔の瓦を使用している場合は、破損すると瓦がすでに作られて無い物もあります。

今回は瓦の破損も無く、施工後の雨漏れも無く、丁寧に仕上げる事ができました。

屋根の施工方法は、多々ありますが、費用はあまりかけたくない場合や、今のお家を変えたくないとお考えの場合は、街の屋根やさんにご相談下さい。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根葺き替え工事の様子

こんにちは!街の屋根や尾張北店です。1月も気がつけばもう終わりですね!街の屋根やの職人も寒さに負けず今日も元気よく朝早くから現場に向かっております!!今日は一宮市木曽川町にて屋根の葺き替え工事が始まりましたのでこちらのブログでご紹介させて頂...........

屋根補修工事の施工前の様子

今回は岐阜県各務原市のお宅にて外装工事を行いました。以前一宮市で施工させていただいたお客様からご紹介をいただき現地調査に伺い工事をさせていただきました。

瓦止めと漆喰工事の施工前の様子

今回は、岩倉市で施工した、瓦止め工事の様子を紹介します。今回のお宅では漆喰が完全に割れてしまっており、それを気にされてご連絡いただきました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん尾張北店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-966-902