オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

名古屋市港区のお宅にて、外装工事をお考えとの事で現地調査に伺いました。


今回は、名古屋市港区にて、外装工事の現地調査の様子をご紹介します。
今回現地調査の御依頼があった箇所が、
<外壁><屋根><雨樋>の3箇所になります。
まずは、普段目に見えない屋根から調査させて頂きました。
屋根 漆喰 剥がれ
屋根 漆喰 剥がれ
屋根 漆喰 剥がれ
屋根 漆喰 剥がれ落ちている状態
ご覧の通り、漆喰が欠けてしまったり、穴が空いています。
このままだとどうなるか?
雨水の侵入や、漆喰の中にある葺き土が雨や風などで流れてしまう恐れがあります。
もちろん、雨水の侵入が起これば雨漏れにも繋がる恐れがあります。

次に、雨樋を調査させて頂きました。
雨樋 集水器 割れ
雨樋 縦樋 割れ
雨樋に砂や泥が溜まっていますね。
このままでは、上手く雨水も流れてくれません。そして、割れ。
集水桝の割れであれば、雨樋の美観は損なわれても、機能までは損ないませんが、
竪樋は機能が損なわれてしまいますね。
この現状の割れ方では、上手く排水できない状態となります。

屋根、雨樋は普段目に見えない箇所となります。
知らない業者さんにいきなり、「瓦がはずれてますよ」「漆喰が剥がれてますよ」と言われる事もあると思います。
そんな時は、自分で登ったりせず、必ず専門の業者さんにしっかりと点検してもらいましょう。

次に、外壁の調査となります。
外壁は屋根や雨樋とは違い、普段から良く目にする箇所だと思います。
ですが、しっかりと調査する事で、お家の方では気付かない部分もでてくると思います。
トタン 外壁 サビ
外壁 モルタル クラック
外壁 モルタル 割れ
外壁の現状となります。
このお宅の外壁材はトタンとモルタルです。
定期的にお手入れされていた事もあり、外壁材自体はまだまだ健康です。

しかし、トタンの性質上、どうしても「錆」は付き物です。
トタン(鉄)は酸素と水分が化学反応を起こした時に錆が出来ます。
酸素と水分。
空気と雨。
避けられないですよね。

その為にはやはり、定期的な塗り替え(塗装)が必要になってきます。
ただし、塗装するにあたって、トタンの場合、水性塗料ではなく、油性(溶剤)の塗料で塗装をしていきます。
水性では、先程の説明の通り「水」ですから…   ダメですよね。

そしてモルタル。
モルタルはトタンとは違い、セメント主材となりますので、ひび割れが起きてしまいます。
ひび割れが浅い(ヘアークラックと言います)場合は、塗装で埋まる事もありますが、
ひび割れが大きな場合は、塗装前にしっかりとコーキングやパテなどでひび割れを埋めなければいけません。
このように、塗装と言っても奥は深いですよね。


今回の現地調査での結果、
屋根の漆喰工事
雨樋の交換工事
外壁の塗装工事(溶剤での施工)
が必要となります。

外装工事は、急な雨漏れや故障の場合、費用がかさんでしまう事が殆どです。
そうならない為にも、定期的に業者さんに点検をしてもらいましょう。
弊社では、定期点検はもちろん、外装内装問わずしっかりとした診断を行わせて頂きます。
お家の事で何かお困り事があれば、是非ご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

古くなった漆喰

今回は稲沢市での漆喰の屋根リフォームの様子を紹介します。今回のお家は台風の被災を気にされており、屋根の工事をしたいとの事でお伺いしました。

洋屋根に使用されていたトタン部分

今回は稲沢市で施工した、洋屋根の屋根補修工事の様子を紹介します。洋屋根は、おしゃれなお家によく似あう屋根ですが、それに合わせて特殊な構造をしている事もあります。今回のお家では屋根材として洋瓦を使用しており、部分的にトタン部分や、屋根の継ぎ目...........

a6311c6403341b02ef41610f6902745c

今回は、一宮市の皆様へ、屋根リフォームについてのご案内をします。一口に屋根リフォームと言っても、屋根リフォームには様々な種類があります。漆喰の屋根リフォームや葺き替えの屋根リフォームなど、そんなタイミングで行えばよいのでしょうか。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん尾張北店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-966-902