オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

守山区小幡南にて外壁の上塗り工事を施工しました。


今回は守山区の小幡南で施工した、外壁塗装工事の様子を紹介します。
前回、外壁の塗装工程に入り、下塗り材の塗装を開始させていただきました。
下塗り材の塗装前
下塗り材の塗装中
下塗り完了の様子
前回書いた通り、塗装工事は基本的には3回塗らせていただきます。
一番最初に下塗り材という、壁材と塗料を密着する効果がある塗料(シーラー)を塗り、その後塗料本材を、塗料の厚みを付けるために2回塗ります。
外壁に下塗り材塗装後、塗料本材を塗る様子
塗料本材の塗装完了
下塗り材を塗っていた際と同様、ローラーを使って塗料本材を塗っていきます。
今回は無機塗料を使わせていただきました。

塗料本材にはいくつか種類があり、よく聞かれるのは「シリコン」や「フッ素」だと思います。他にも「ウレタン」や「無機」という種類の塗料もあります。

これらの塗料のお客様から見た違いは耐候年数や費用対効果です。
ウレタンやシリコンの塗料は耐候年数がそれほど長くなく、長く見ても10年は持ちません。
一方の無機やフッ素などの塗料は耐候年数が15年以上であり、シリコンなどに比べて2倍以上持つ物もあります。

費用対効果についてですが、外壁塗装工事は施工するのに足場を建てる必要があります。
知っている方も多いと思いますが、お家一軒の足場は結構費用がかかってしまいます。
つまり、耐候年数が短い塗料での塗装は、次の塗装時期が早く来てしまうため、その分足場を建てたりする費用が再びかかってしまい、損になってしまいます。
費用対効果を見ると、すぐにお家から出られないのであれば、耐候年数の長い物を使われるといいと思います。
破風板金の塗装前
破風板金の下塗りの様子
付帯物の塗装の様子です。当社では外壁の塗装の際に付帯物も塗装させていただいています。
これは破風(はふ:切妻屋根の両端にある、瓦の下にある部分。写真では板金ですが和造りの家では木の事が多い。)板金の塗装の様子です。

こちらも3回塗装させていただきますが、この赤い下塗り材は外壁で使ったシーラーではなく、金属の錆を遅らせる錆止めという塗料を塗らせていただいています。
下塗り材の上から塗料本材を塗装する様子
塗料本材の塗装完了
錆止めの塗料が乾いたら、その上から塗料本材を塗っていきます。
当社では付帯物でも塗料本材は同じものを使わせていただきます。
付帯物だからと耐候年数の低い塗料を塗ってしまうと、当然ですが付帯物から先に劣化してしまい、見たときに差が出てしまったり、付帯物だけ状態が悪くなってしまいます。

付帯物だけを再塗装するというのも費用の無駄になってしまうため、同じ塗料で塗られる事をお勧めします。
塗装工事完了の様子
塗装工事完了の様子
塗装工事完了の様子
これでこのお家の外壁塗装工事は完工になります。
元々洋造りのお家だったので、今回明るい塗料を塗らせていただいたので、とても見栄えする出来になりました。

外壁塗装工事はお家によっても沢山の選択肢があります。
街の屋根やさん春日井店では必ずお家に合う工事をさせていただきますので、ご依頼やご相談などなんでも連絡ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

古くなった漆喰

今回は稲沢市での漆喰の屋根リフォームの様子を紹介します。今回のお家は台風の被災を気にされており、屋根の工事をしたいとの事でお伺いしました。

洋屋根に使用されていたトタン部分

今回は稲沢市で施工した、洋屋根の屋根補修工事の様子を紹介します。洋屋根は、おしゃれなお家によく似あう屋根ですが、それに合わせて特殊な構造をしている事もあります。今回のお家では屋根材として洋瓦を使用しており、部分的にトタン部分や、屋根の継ぎ目...........

a6311c6403341b02ef41610f6902745c

今回は、一宮市の皆様へ、屋根リフォームについてのご案内をします。一口に屋根リフォームと言っても、屋根リフォームには様々な種類があります。漆喰の屋根リフォームや葺き替えの屋根リフォームなど、そんなタイミングで行えばよいのでしょうか。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん尾張北店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-966-902