オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

軽量なのに飛びにくい、地震台風などの自然災害に強い「ルーガ」


自然災害に強い屋根材があることをご存知でしょうか?


それはクボタ松下電工(KMEW)から出ているルーガです




瓦として重厚感もありながらも、その重量は一般的な陶器平板瓦に比べ1/2以下の軽さ
そして軽量性も備えながら素材が粘り強く、割れにくく屋根材として高い性能をもっております。
そんな今話題になっているルーガについてご紹介いたします。


ルーガは屋根材として美しさだけではなく夏の猛暑台風や、そして地震など過酷な気象条件から暮らしを守る性能が今は求められます。しかも日本は地震がとても多い国でありますので、万が一の揺れに対する備えも必要となってくるでしょう。
そのような環境や気象条件を考え込まれて出来た屋根材です。







今回は、ルーガという屋根材をご紹介していきたいと思います。


まず特長です。

一つ目は、地震に有利なことです。


ルーガの重さは、一般的な瓦の1/2以下になります。屋根が軽いとお住まいの総重量を軽く、重心も低くできるので地震が来た時に建物にかかる力を小さくできます。
陶器平板瓦との本体重量比較をします。
一軒の家(屋根面積100㎡(30坪))で比較すると、陶器平板瓦はルーガに比べて乗用車2台分以上の
重量(約2.3t)が余分にかかってしまいます。
S__5136765
二つ目は、雨風に強いことです。


台風や梅雨の時期での豪雨強風を防ぎます。豪雨の際は、隙間から侵入する水を排出するジョイント部分と高い防水提で防水性が確保されます。強風の際には、屋根材を一枚ずつ奥側とジョイント部分を対角に釘で固定する施工をしますので耐風性が向上します。

耐風試験時に、時速60m/sでも飛散しませんでした。






三つ目は色あせにくいことです。

紫外線に強い無機系塗膜グラッサコートをトップコートに使用してます。
グラッサコートは分子同士の結合力が紫外線のエネルギーより強いため、有機系塗膜に比べると劣化しにくく色あせがしにくいという特長があります。





こちらの写真は2007年に施工した屋根になります。

屋根材ルーガの雨風に有利な特徴
そして、10年後。がこちらです。
屋根材ルーガの雨風に有利な特徴
経年劣化による色あせにも悩むことがなくなりそうですね。




ルーガは安全保証の10年になりますので安心してご依頼できますね。
※保証内容は本製品自体の不具合による室内への雨水侵入が生じないこと。



自然災害が年々強くなる傾向にありますので、被災しないためにもルーガはお勧めです。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん尾張北店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-966-902