オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

2階のお部屋が夏場に高温になってしまうのには理由がある!


近年では住宅のデザインが大きく変わってきましたね。




時代とともに和風住宅から和洋折衷(わようせっちゅう)になり現在では洋風住宅が大半を占めている感じです。洋風住宅のブームに伴って多種多彩な外壁材と屋根材を目にするようになってきました。

そんな中、今回は洋風屋根材に着目してお話しします。

洋風屋根材にも色々ありますがその全てが日本で使用するにあたって日本の気候にマッチしているのかが疑問です。
特に屋根下地に直接張り付けるようなかたちの屋根材は四季がある日本にはミスマッチなのでは?…
夏の屋根材の様子
夏の屋根材の様子
の屋根材は手では触れない程にまで高温になります。そんな屋根材が直張りしてあると室内温度まで上昇してしまいます。

でははどうでしょうか。外気にさらされた屋根材はとても冷たくなり、直張りされていることにより小屋裏内の温度も下げます。室内では暖房を入れていますので温度差で小屋裏に結露が発生してしまいます。




続いて在来の瓦屋根を見てみましょう。
瓦屋根の構造について
図を見ていただければ分かるように屋根全面に空気の層ができるので外気の影響がダイレクトに室内に伝わらない構造になっています。
たったこれだけの違いですが光熱費快適性を左右する違いになってきます。




では直張り屋根材のお家を快適に使っていただけるにはどうしたら良いのか??



小屋裏内の温度調節・湿度調節ができるようにしてあげれば緩和されます。屋根に換気機能があれば解決できちゃう訳です。
屋根の換気機能の様子
屋根の換気機能の様子
暑い空気や湿度は自然に高いところに集まります。その性質を利用した単純な機能ですが効果は実感できるはずです。


化粧スレート金属屋根のお家にお住まいの方には是非取り付けてほしい商品です。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん尾張北店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-966-902