オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

一宮市にて和瓦の屋根修繕を行いました。


工事のきっかけ

元々、屋根の漆喰は気になっていたがメーカーで頼むと高いということもあり、工事に踏み出せなかったが、担当から火災保険を提案され、申請をして修繕費用が下りたため、このタイミングで工事を依頼した。

一宮市 屋根補修工事,漆喰取り直し,漆喰詰め直し,その他の工事,火災保険 屋根修繕工事

ビフォーアフター

before
560dd150cafe9e7cd0419014f08c5e13-before
horizontal
after
27b3a103d3a2d9e9fec321de8b111b99-after

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事,漆喰取り直し,漆喰詰め直し,その他の工事,火災保険
施工期間
2日間
使用材料
HS瓦漆喰 瓦用コーキング
施工内容その他
屋根修繕工事
築年数
20数年
保証年数
工事費用
建坪
ハウスメーカー
今回は、一宮市で給湯器の交換をさせていただいたお宅での、屋根修繕にお伺いしました。
弊社では、以前工事をしたお宅には、施工に問題が無かったか、定期点検を行わせていただいています。

このお家では、台風によって、瓦が飛散してしまった経験があったため、給湯器の確認と一緒に、お家の火災保険の申請と屋根の点検を行う事になりました。
560dd150cafe9e7cd0419014f08c5e13-1-columns2
edbccdd5910edfbc99b9288f26087dd2-columns2
まずは屋根修繕を行う前の点検の様子です。

左側の写真は地瓦なのですが、瓦の先端についている、ビスが抜けかけています。
和瓦は瓦同士を組み合わせて強い風に飛ばされないようにしていますが、先端などに瓦を固定するためのビスがついている事があります。
このビスが抜けかけているということは、瓦の飛散の可能性があるという事になります。
勿論、瓦同士が組みあっているので、問題が無い事も多いのですが、台風などの強い風が吹くと油断はできません。
この状態の屋根修繕の方法として、ビスを打ち直せばよいだけだと考える方は多いと思いますが、
ビスが抜けかけているという事は、ビスの刺さっている木が弱っており、ビスが刺さらないという可能性も否定できません。

右側の写真は漆喰が黒ずんでしまっています。
漆喰には、屋根の中に入った水を外に出す役目があります。
ただ、このように黒ずんでしまっていると、漆喰自体が水を含んでしまい、雨漏れのリスクが高まってしまいます。
また、漆喰が無くなってしまうと、屋根の中にある、瓦を支えている土が少しずつ流れ出てしまい、屋根が歪んでしまう事もあります。
ですので、この状態はやや危険な状態であり、屋根の修繕が必要な状態と言えます。


和瓦の屋根修繕には大きく分けると3種類あります。
・漆喰工事
屋根の棟の下には白い半円の隙間が空いていますが、これが漆喰になります。
この漆喰を剥がして塗りなおす屋根修繕になります。
・瓦止め工事
瓦同士をシリコンで繋ぎ合わせ、瓦が強風によって飛ばなくするようにする屋根修繕です。
台風による被害が年々大きくなってきている今、需要の高い屋根修繕です。
・葺き替え工事
屋根瓦を取り外し、防水シートを敷き直し、その上から新しい屋根材を乗せる大規模な屋根修繕です。
屋根を取り換える事になるため、費用はかなりかかってしまいますが、お家の雨漏れを直すためには、この屋根修繕が必要になります。

細かく分けると、割れてしまった瓦を新しい瓦に差し換える屋根修繕や、瓦止めをシリコンではなく針金で繋げるような屋根修繕もありますが、特に修繕工事として多いのはこの3種類になります。

今回のお家で施工させていただく屋根修繕は、雨漏りはしていなかったため、漆喰工事と瓦止め工事の2種類の修繕工事をさせていただきます。


ただ、屋根修繕を行う際には注意が必要な部分もあります。
漆喰工事は、新しい漆喰を塗る前に、既存の漆喰を剥がさなくてはいけません。
既存の漆喰の上から漆喰を塗ってしまうと、古い漆喰が剥がれるのと同時に、新しい漆喰が剥がれてしまうためです。
修繕工事を行う際に、ごくごくまれに既存の漆喰を剥がした後ろから、更に古い漆喰が出てくることもあり、
そういったお家で話を聞いてみると、やはり、前回の屋根修繕工事からあまり時間が経っていない事が多いです。
また、瓦止め工事も、波打っている瓦の、山の部分にシリコンを打たなくてはいけません。
底の部分にシリコンを打ってしまうと、瓦の内側に入ってしまった雨水を外に逃がす経路が無くなってしまいます。
これらの事に注意をし、屋根修繕を行います。
bb826352a508b56753a2ef1c7dd95c05-columns3
91481f1d6357daca39d9d0b18e8b77c1-columns3
27b3a103d3a2d9e9fec321de8b111b99-1-columns3
屋根修繕後の写真です。
瓦の隙間に入れる漆喰は、新しい白い漆喰を塗り直し、瓦の継ぎ目にシリコンを打ち、瓦の飛散を防止できます。

和瓦はスレート瓦などよりも、屋根修繕にかかる費用は少なくて済みますが、
それでも定期的な屋根修繕は必要になります。
屋根修繕を行わないと、更に屋根の状態の劣化によって、葺き替えなどの大きな工事が必要になってしまいます。

しかし、屋根修繕が必要なタイミングは、お家の方だけで見極めるのは難しいです。
下から屋根を見てもわからない事が多いためです。
ですので、しっかりと屋根修繕を行うためにも、屋根の定期点検はしっかり行うようにしましょう。

【工事完了後】

293785b5e106e8e8af09412ef795b021-simple
7a0a9488abf447e429fc8c4bc690b72f-simple
a6bfbba2af33bf313a8632c4db1aefbe-simple
f398c815bc7a074738ba9d2bff8f230a-simple
572c58ba9096445f49b81dfef80264dd-simple

同じ工事を行った施工事例

施工事例

一宮市木曽川町でスレート屋根のカバー工法を行いました。

1-16-1
bce1f90dd7734c1d7961d04bc18c3794
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
部分塗装
その他塗装
足場
使用素材
シーガード
築年数
建坪
保証
工事費用
約83万
施工事例

一宮市奥町にて台風による釘抜けが見受けられた家の修理を行いました

ac1f674b13785fcc6abb3f1fbb07c24f
c6880c0e33ed2ac90f27ccdbec60e9ab
工事内容
屋根補修工事
火災保険
使用素材
樹脂垂木 棟金具 シルガード 防水パッキン付きビス シリコン
築年数
10数年
建坪
保証
工事費用
40万前後
施工事例

一宮市にて色が見られる外壁へ塗膜を形成し屋根には棟組み替え工事を施工いたしました。

35975a76508ae468ae995ff2ae60e1f6
c2102af94b76678230c8b208d8a40729
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
外壁塗装
その他塗装
足場
使用素材
ガイソーウォールシリコン オートンサイディングシーラント 樹脂垂木 シルガード パッキン付きステンレスビス
築年数
約20年
建坪
保証
工事費用
約120万円

同じ地域の施工事例

施工事例

一宮市木曽川町でスレート屋根のカバー工法を行いました。

1-16-1
bce1f90dd7734c1d7961d04bc18c3794
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
部分塗装
その他塗装
足場
使用素材
シーガード
築年数
建坪
保証
工事費用
約83万
施工事例

一宮市奥町にて台風による釘抜けが見受けられた家の修理を行いました

ac1f674b13785fcc6abb3f1fbb07c24f
c6880c0e33ed2ac90f27ccdbec60e9ab
工事内容
屋根補修工事
火災保険
使用素材
樹脂垂木 棟金具 シルガード 防水パッキン付きビス シリコン
築年数
10数年
建坪
保証
工事費用
40万前後
施工事例

一宮市にて色が見られる外壁へ塗膜を形成し屋根には棟組み替え工事を施工いたしました。

35975a76508ae468ae995ff2ae60e1f6
c2102af94b76678230c8b208d8a40729
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
外壁塗装
その他塗装
足場
使用素材
ガイソーウォールシリコン オートンサイディングシーラント 樹脂垂木 シルガード パッキン付きステンレスビス
築年数
約20年
建坪
保証
工事費用
約120万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根補修工事の施工前の様子

今回は岐阜県各務原市のお宅にて外装工事を行いました。以前一宮市で施工させていただいたお客様からご紹介をいただき現地調査に伺い工事をさせていただきました。

瓦止めと漆喰工事の施工前の様子

今回は、岩倉市で施工した、瓦止め工事の様子を紹介します。今回のお宅では漆喰が完全に割れてしまっており、それを気にされてご連絡いただきました。

増築部分からの雨漏れの様子

今回は、一宮市にて、一階増築部分から雨漏りがあり困っているというご相談があり、点検にお伺いしました。雨漏りの点検は、どこから雨漏りしているかを調べなくてはいけません。雨漏りというと、屋根からというイメージが強いですが、様々な可能性があります...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん尾張北店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-966-902