オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

稲沢市の平和町にて劣化した外壁の現地調査を行いました。


今回は稲沢市にて、外壁塗装の為の現地調査にお伺いしました。

このお宅は築12年で今回が初めての外壁塗装です。
外壁材は窯業系サイディングが使われていました。

窯業系のサイディング材は防耐火性や地震に強い事で知られています。
しかし、窯業系サイディングはメンテナンスの時期がとても重要です。

防水の機能が低下すると吸水性があるため、
長期にわたって放置しておくと、クラック(ひび割れ)やボードの反りなどの劣化の原因になってしまいます。

今回のお宅でも築12年という若さでもクラックが確認できました。
ビス穴からクラックが発生してしまった状態

目地シーリングが時間の経過でひび割れしてしまった状態
クラック(ひび割れ)
表面にうっすらできるヘアクラックの場合は、サイディングの裏側まで貫通していませんが、紙が挟まりそうなひび割れの場合は、サイディングの裏まで貫通している可能性があります。
釘を打ち込んだ跡からクラックが発生していますが、経年劣化による外壁材の劣化によって発生してしまったようです。
サイディングボードが反ることで外壁との隙間ができてしまった状態
サイディングボードの反り
塗れたり乾いたりを繰り返していると反りの原因になります。
写真中央の影になっている箇所はボードとボードの継ぎ目が外壁の反りによって隙間が空いてしまっている状態です。この隙間からは湿気が浸入してしまう可能性があります。
目地シーリングが時間の経過でひび割れしてしまった状態
目地シーリングのひび割れ
シーリングは元々は柔軟な素材で、地震が来た時に衝撃を吸収してくれる役割があります。
シーリングは時間が経つと段々と硬化してしまい、地震に耐え切れずにひび割れてしまいます。
この状態で放置すると外壁内部に水が浸入してしまう恐れがあります。
窯業系サイディングの塗装目安は7年から8年です。
(建物の立地や環境によって時期は変わってきます。)

外壁をいつまでもキレイに保つには、定期的なメンテナンスが必要になってきます。
お家の周りが畑や木などの緑が多い場合は、壁に藻が付き、さらに枯れるとカビが発生する可能性があります。

お家のことなら街の屋根や春日井店にご連絡ください♪

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根葺き替え工事の様子

こんにちは!街の屋根や尾張北店です。1月も気がつけばもう終わりですね!街の屋根やの職人も寒さに負けず今日も元気よく朝早くから現場に向かっております!!今日は一宮市木曽川町にて屋根の葺き替え工事が始まりましたのでこちらのブログでご紹介させて頂...........

屋根補修工事の施工前の様子

今回は岐阜県各務原市のお宅にて外装工事を行いました。以前一宮市で施工させていただいたお客様からご紹介をいただき現地調査に伺い工事をさせていただきました。

瓦止めと漆喰工事の施工前の様子

今回は、岩倉市で施工した、瓦止め工事の様子を紹介します。今回のお宅では漆喰が完全に割れてしまっており、それを気にされてご連絡いただきました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん尾張北店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-966-902