オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

豊田市大清水町にて、塗膜剥がれとひび割れの補修を行いました。


今回は、豊田市大清水町にて施工が始まった、外壁塗装工事の様子を紹介します。
このお宅では前回、現地調査を行い、外壁の塗膜が割れている状態を確認しました。
塗膜が割れてしまった外壁の現地調査の様子
塗膜が割れてしまった外壁の現地調査の様子

外壁の塗装をする際には、塗装の前に外壁の表面を綺麗にしなくてはいけません。
というのも、外壁塗装とは、外壁に塗膜のコーティングをしてあげる作業になります。
ですので、外壁の表面にゴミが付着していたり、大きなひび割れが起きている状態になってしまっていると、塗膜が途切れてしまう箇所ができてしまったり、作った塗膜が剥がれ落ちてしまったりします。

今回のお宅も、前回お伝えした通り、塗膜が大きく割れてしまっている箇所や、塗膜が剥がれ落ちてしまっている箇所があるため、その補修を最初に行わなくてはいけません。
塗膜が剥がれ落ちてしまった箇所の補修の様子
塗膜が剥がれ落ちてしまった箇所の補修の様子
塗膜が剥がれ落ちてしまった箇所の補修の様子
塗膜が剥がれ落ちてしまった箇所の補修の様子です。
塗膜が剥がれ落ちている箇所は、フィラーという下塗り材などで埋める必要があります。

埋めずに塗装をしてしまうと、塗装にムラができてしまったり、仕上がりも悪くなってしまいます。
外壁のひび割れの補修の様子
外壁のひび割れの補修の様子
外壁のひび割れの補修の様子
ひび割れの補修の様子です。
ひび割れを埋めるには、シリコン材を使用します。お家の方が自分で補修される時も同じくシリコン材を使用します。
今回は、そのシリコン材がしっかりと外壁材と接着してくれるように下塗り材のシーラーを先に塗り、その後シリコン材でひび割れを埋めます。

今回使用しているシリコン材は、外壁の対候年数に合わせて材料を選んでおり、市販のシリコン材よりも対候年数が長いになります。
シリコン材が外壁の塗料よりも対候年数が短かった場合、塗膜の劣化よりも先に目地などのひび割れが発生しています。
このシリコン材も割れてしまったらすぐ直せるという物ではなく、施工の際には足場が必要になので、そういった事が起きないように、必ずシリコン材と塗膜の対候年数を合わせる必要があります。
外壁の付帯物周りにシリコン材を入れる様子
外壁の付帯物周りにシリコン材を入れる様子
外壁の付帯物周りにシリコン材を入れる様子
付帯物周りにもシリコン材を入れていきます。
手順はひび割れの補修と同じで、下塗り材を塗って、その上からシリコン材を入れていきます。
外壁の補修の様子
外壁の補修の様子
これで外壁の補修は完了になります。
このお宅ではひび割れが多く、少し大変な作業になってしまいましたが、この補修をしっかり施工しておかないと対候年数の低下や、施工不備に直結してしまいます。
当社では、お客様のお家と末永くお付き合いする事を念頭において経営させていただいていますので、今後もこのような細かい作業にも気を配って施工させていただきたいと思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

古くなった漆喰

今回は稲沢市での漆喰の屋根リフォームの様子を紹介します。今回のお家は台風の被災を気にされており、屋根の工事をしたいとの事でお伺いしました。

洋屋根に使用されていたトタン部分

今回は稲沢市で施工した、洋屋根の屋根補修工事の様子を紹介します。洋屋根は、おしゃれなお家によく似あう屋根ですが、それに合わせて特殊な構造をしている事もあります。今回のお家では屋根材として洋瓦を使用しており、部分的にトタン部分や、屋根の継ぎ目...........

a6311c6403341b02ef41610f6902745c

今回は、一宮市の皆様へ、屋根リフォームについてのご案内をします。一口に屋根リフォームと言っても、屋根リフォームには様々な種類があります。漆喰の屋根リフォームや葺き替えの屋根リフォームなど、そんなタイミングで行えばよいのでしょうか。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん尾張北店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-966-902