オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

春日井市にて漆喰とコーキングカットの施工をしました。


今回は春日井市にて施工させていただきました漆喰とコーキングカットの工事について紹介します。

劣化してしまった漆喰と打つ場所が間違っているコーキング
これは施工前の写真になります。
黒矢印の白い部分を面戸(めんど、面土と書く事もある)と言い、漆喰が入っています。
写真だと経年劣化によってやせ細っているのが分かると思います。

しかしこの写真でそれ以上に問題なのは赤矢印の部分です。
隣の瓦との継ぎ目に白いコーキングがついています。
ここの部分にコーキングがあると、瓦の内側に入った雨水が外に出る事ができなくなってしまい、湿気がずっと屋根の中に残るので屋根がどんどん劣化していってしまいます。

コーキングの本来の役割は接着する事で、瓦をズレにくく、風で飛んだりしないようにする効果があります。
逆に言えば写真のように全面にくっつけなくても、邪魔にならない位置に少しだけくっつけてあげるだけで十分効果があります。

今回は漆喰を入れ直す他にもこのコーキングを剥がしてあげる必要もあります。



壁際の漆喰を剥がした後の様子
既存の漆喰を剥がします。
剥がさずに上から漆喰を入れてしまうと既存の漆喰と一緒に新しい漆喰も剥がれてしまいます。
漆喰の工事を頼む時は必ず既存の漆喰を剥がすか確認をしましょう。
既存の漆喰を剥がして入れ直した様子
その上から漆喰を入れていきます。
ここで注意ですが、面戸のギリギリまで漆喰を入れてしまっている家をたまに見かけますが、雨水が中に入ってしまう原因になります。
棟の漆喰でも同じことが言えるので、ギリギリまで漆喰が入っていたら一度職人さんに確認をしましょう。
コーキングを剥がしている様子
コーキングをヘラで剥がす様子
コーキングを綺麗に剥がしきった瓦
次にコーキングカットをしていきます。
カッターで切っていき、(左の写真)残ったコーキングをヘラで剥がし、(真ん中の写真)綺麗になったのが右の写真です。
これで雨水はこの隙間から出られるようになります。
今回の工事はちゃんとした知識を持っている必要がありました。
職人でなくても屋根の上での作業をする事ができる人もいますが、正しい知識が無いと劣化を早めてしまいます。

「街の屋根やさん」春日井店ではしっかりした知識を持った職人による工事をさせていただいてます。
工事のお問い合わせでなくても、これで大丈夫かな?という疑問にも答えますので、お気軽にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

古くなった漆喰

今回は稲沢市での漆喰の屋根リフォームの様子を紹介します。今回のお家は台風の被災を気にされており、屋根の工事をしたいとの事でお伺いしました。

洋屋根に使用されていたトタン部分

今回は稲沢市で施工した、洋屋根の屋根補修工事の様子を紹介します。洋屋根は、おしゃれなお家によく似あう屋根ですが、それに合わせて特殊な構造をしている事もあります。今回のお家では屋根材として洋瓦を使用しており、部分的にトタン部分や、屋根の継ぎ目...........

a6311c6403341b02ef41610f6902745c

今回は、一宮市の皆様へ、屋根リフォームについてのご案内をします。一口に屋根リフォームと言っても、屋根リフォームには様々な種類があります。漆喰の屋根リフォームや葺き替えの屋根リフォームなど、そんなタイミングで行えばよいのでしょうか。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん尾張北店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-966-902