オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

名古屋市名東区で、下屋根の漆喰工事を施工しました。


本日は名古屋市名東区で施工した、下屋根の漆喰工事の様子を紹介します。
名東区で施工した下屋根漆喰工事の外観写真
今回のお宅は、以前大屋根の補修工事をさせていただいています。
今年に入り、お家の定期点検にお伺いしました。
漆喰工事施工前の劣化した漆喰
漆喰工事施工前の劣化した漆喰
点検の際、下屋根の状態を写真で撮った物です。
左の写真のように、遠目からでは分かりにくいですが、近くで見ると右の写真のようにコケが生えてきてしまっています。

実は以前の大屋根の施工時もこのような状態でした。
その時の下屋根はまだ劣化していないようでしたが、その後数年経ってこうなってしまったようです。

漆喰は本来であれば屋根に入った湿気を外に吐き出す効果がありますが、このように劣化し、コケが生えてしまう状態ではその効果は見込めません。むしろコケが積極的に湿気を吸ってしまう状態になってしまっています。

この事を施主様にお伝えし、漆喰の工事をさせていただくことになりました。

漆喰を新設するために既存の漆喰を解体した際の様子
漆喰の施工を始めるには、まず既存の漆喰を取り除いていきます。
既存の漆喰の上から漆喰を入れてしまうと、既存の悪くなってしまった漆喰が剥がれる際に新設した漆喰も剥がれてしまいます。
偶に安く仕上げるために既存の漆喰の上から漆喰を新設するという話も聞くのですが、すぐに剥がれてしまうため再工事が必要となる場合が多いです。多少費用がかかると言われてもきちんとした施工をしてもらいましょう。
漆喰を新設し、施工完了した様子
その上から漆喰を新設していきます。

瓦の先端まで漆喰が入っているお宅を見ることもありますが、漆喰を入れすぎてしまうと、瓦に雨水が入った際に、外に流せず内側に雨水が流れてしまいます。
漆喰がかなり多く入っている事に気付いたら早めに施工店に連絡し、確認してもらいましょう。
これで施工完了となります。

今回は定期点検で早めに屋根の状態が確認ができたので、屋根の劣化を早く抑えることができました。
最近は定期点検を無料でやっている会社さんも多く、「街の屋根やさん」春日井店でもやっていますので、定期点検をされていない方は一度ご連絡されることをおすすめします。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

古くなった漆喰

今回は稲沢市での漆喰の屋根リフォームの様子を紹介します。今回のお家は台風の被災を気にされており、屋根の工事をしたいとの事でお伺いしました。

洋屋根に使用されていたトタン部分

今回は稲沢市で施工した、洋屋根の屋根補修工事の様子を紹介します。洋屋根は、おしゃれなお家によく似あう屋根ですが、それに合わせて特殊な構造をしている事もあります。今回のお家では屋根材として洋瓦を使用しており、部分的にトタン部分や、屋根の継ぎ目...........

a6311c6403341b02ef41610f6902745c

今回は、一宮市の皆様へ、屋根リフォームについてのご案内をします。一口に屋根リフォームと言っても、屋根リフォームには様々な種類があります。漆喰の屋根リフォームや葺き替えの屋根リフォームなど、そんなタイミングで行えばよいのでしょうか。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん尾張北店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-966-902