オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

一宮市にて温水器を使用してない為温水器撤去を行いました。


今回の一宮市のお客様宅では、温水器を使用しておらず瓦に負荷がかかっていたため、
温水器を撤去して下の瓦を補修しました。


今回のお客様宅の屋根は和瓦です。
和瓦の特徴としては強度が強く、多少の衝撃は耐えることが出来ます。
瓦は、耐久性も高いので業者さんによっては瓦自体は100年持つと言っているところもあります。
それに反して、和瓦は丈夫な分、かなり重いという特徴があります。

和瓦一枚の重さが、約2.6〜2.7㎏ほどあり、
一般的のお宅で、1000枚〜1500枚ぐらい乗っているので、相当な重量が家の上に乗っています。

この上に温水器やソーラーなどを置いてしまうと、さらに、重量がかかってしまい、
屋根の下地に負担をかけてしまいます。

極力、屋根の上には何も乗せないことが好ましいです。

今回お客様から「温水器を使っていない。」との事でしたので、
屋根の負担を減らすために温水器の撤去と、撤去した後の瓦を補修をしています。


最初はこの状態です。

屋根温水器撤去前
屋根温水器撤去前

作業内容はまず水が温水器の中に貯まっているのでこの水を抜いていきます。
水の抜き方はこの水を抜く、キャップが付いているのでそれを外すと水が流れていきます。


温水器はパネルと上の部分で三つに分かれるので、留め具のビスを抜いていきます。
全部取ってしまうと一気に落ちてしまうので一つずつ外していきます。
水を流すパイプも切断して外していきます。
そして温水器を支えている屋根の針金を切れば、取り外せます。


その後、温水器をハシゴまで移動させます。
危険なので、必ず二人で行います
ロープをつけて一人が温水器を持ち、ハシゴを下ります。

もう一人は上でロープを引っ張りながらゆっくり下ろしていきます。
この繰り返しで温水器を下ろします。

20180202yane03-columns2
20180202yane04-columns2

温水器は産業廃棄物なので業者に持って行ってもらいましょう。

もちろん、今回の工事の温水器を当社で持ち帰り、処理しています。

その後、温水器があってできてなかった、漆喰を新しく入れて、温水器の下にあった瓦を止める補修を行いました。


既存漆喰撤去して新しい漆喰作業
既存漆喰撤去して新しい漆喰作業


今回の工事で大事なことは、安全です。
ケガをしては、工事を依頼したお客様も嫌な気分になってしまうので当社では、安全第一で施工しています。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根葺き替え工事の様子

こんにちは!街の屋根や尾張北店です。1月も気がつけばもう終わりですね!街の屋根やの職人も寒さに負けず今日も元気よく朝早くから現場に向かっております!!今日は一宮市木曽川町にて屋根の葺き替え工事が始まりましたのでこちらのブログでご紹介させて頂...........

屋根補修工事の施工前の様子

今回は岐阜県各務原市のお宅にて外装工事を行いました。以前一宮市で施工させていただいたお客様からご紹介をいただき現地調査に伺い工事をさせていただきました。

瓦止めと漆喰工事の施工前の様子

今回は、岩倉市で施工した、瓦止め工事の様子を紹介します。今回のお宅では漆喰が完全に割れてしまっており、それを気にされてご連絡いただきました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん尾張北店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-966-902