オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

春日井市にて塗膜が剥がれた玄関ポーチの重ね葺きを施工しました


本日は、春日井市の松本町で施工した、玄関ポーチの重ね葺き工事の様子を紹介します。
塗膜の剥がれてしまっている玄関ポーチ
塗膜の剥がれてしまっている玄関ポーチ
施工前の玄関ポーチの写真です。
塗膜がかなり剥がれてしまっているのが分かります。

右の写真を見てもらえると分かると思いますが、塗膜の剥がれは雨樋の周りを避けており、写真奥側も悪くなっていないようです。
恐らく雨樋周りに何か問題があり、浸入した雨を流す事ができず溜まった結果、天井まで影響が出ていると思われます。

今回は雨水の浸入を防ぐために重ね葺き工事をすることになりました。
玄関ポーチの状態次第では玄関ポーチを一度解体し、作り直す必要がある場合もあります。
このお宅の場合はまだ状態が良かったので、この上から重ねて屋根を作る事ができました。
施工前の玄関ポーチ
玄関ポーチに心木を組み、野地板を張った状態
現在の屋根の上に心木(しんぎ:屋根の骨組の事)を組み、その上に野地板を貼ります。

このお宅の玄関ポーチは途中まで屋根がかかっていますが、その奥までしっかりと施工する必要があります。
このような作りの場合、湿気が中に篭もりやすい事もあり、奥の壁からの雨水の浸入は非常に多いです。
なので全く手の入らない箇所でない限り、必ず奥まで施工します。
野地板の上から板金を重ねた状態
野地板の上から板金を重ねた状態
野地板の上に防水シートを貼り、その上から板金を貼っていきます。
板金の下にも防水シートがあるので雨の浸入はこれで止まります。

先ほどの奥側の部分にも板金をカバーして、湿気が篭もる箇所が無くなる構造にしました。
天井にも板金でカバーをして完工
最後に天井にも板金でカバーして完工です。

最近は木部を板金でカバーしているお宅が多いですが、木に対して板金は雨等に強く、劣化しにくいという特徴があります。
塗装よりも長く持たせたいのであれば板金でのカバー工事はお勧めです。
今回は塗膜が剥がれてきているという、お家の方も直した方がいいのかと思う内容でしたが、相談が無ければいつか玄関ポーチを解体しなくてはいけないような大きな工事になっていたと思います。
お家の状態で気になる事があれば、小さな事でもプロに相談して、点検してもらうようにしましょう。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

古くなった漆喰

今回は稲沢市での漆喰の屋根リフォームの様子を紹介します。今回のお家は台風の被災を気にされており、屋根の工事をしたいとの事でお伺いしました。

洋屋根に使用されていたトタン部分

今回は稲沢市で施工した、洋屋根の屋根補修工事の様子を紹介します。洋屋根は、おしゃれなお家によく似あう屋根ですが、それに合わせて特殊な構造をしている事もあります。今回のお家では屋根材として洋瓦を使用しており、部分的にトタン部分や、屋根の継ぎ目...........

a6311c6403341b02ef41610f6902745c

今回は、一宮市の皆様へ、屋根リフォームについてのご案内をします。一口に屋根リフォームと言っても、屋根リフォームには様々な種類があります。漆喰の屋根リフォームや葺き替えの屋根リフォームなど、そんなタイミングで行えばよいのでしょうか。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん尾張北店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-966-902