オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

春日井市高森台で、雨漏れしている和瓦屋根の解体をしました。


今回は春日井市高森台での葺き替え工事の様子を紹介します。
前回、軒天が剥がれてしまっていると連絡をいただき、屋根裏の点検をした所、雨漏れを確認できました。
軒天が剥がれてきてしまっている様子
湿気で腐ってしまっている屋根裏の写真
葺き替え工事の工程は、既存の瓦を解体する所から始まります。

屋根材が瓦ではなく、カラーベストや陸屋根等の凹凸が少ない屋根材であった場合は、その上にもう一つ屋根を作る重ね葺きという工事ができるのですが、今回のお宅は和瓦を使用しているため、瓦を取り替える必要があります。
和瓦の取り外しをする様子
和瓦の取り外しをする様子
既存の瓦を取り外し、解体していきます。
和瓦の下には葺き土という土が入っており、断熱効果や、重量による台風被害の軽減を行っています。

今回、屋根を和瓦から金属屋根に変更するため、この葺き土は必要無くなるので綺麗に掃除していきます。

ここでは近所のお宅に砂が飛び散らないように、飛散防止シートを取り付けさせていただいています。
瓦の解体や葺き土の掃除をする際にかなりの砂や土埃が舞ってしまうためで、他にも塗装工事を施工する際にも塗料が他所様のお宅に飛んでしまわないように取り付けさせていただいています。

また、この際に職人さんは歩く位置に気をつけなくてはいけません。
瓦の上では問題ありませんでしたが、葺き土の下にある野地板は、普通に乗ってしまうと、そのまま踏み抜いてしまいます。
なので、野地板の下に等間隔で入っている、垂木(たるき:屋根の棟から軒先にかけて伸びている太い木)や母屋(もや:切妻屋根の両サイドに伸びている太い木)の上を歩かなくてはいけません。

これは屋根だけではなく、床や屋根裏も骨組である太い木の上に薄い野地板が張ってあります。
もし、あまり無いとは思いますが、お家の方で工事中の場所に足を踏み入れる場合は、野地板を踏み抜いてしまわないよう、必ず職人さんの指示に従って歩くようにしましょう。
和瓦の取り外しをする様子
葺き土を取り除き、掃除した屋根
葺き土を取り除いた写真が右の写真です。
この上から新しく屋根を作っていきます。
既存の野地板の上に骨組を新設していく様子
既存の野地板の上に骨組を新設していく様子
既存の野地板の上に新しく骨組を等間隔に新設していきます。
この時等間隔で無いと、上からの力が均等に分散されなくなってしまいます。
今はこの上に乗っても大丈夫でも、この木が劣化した後に屋根に登った際に破損してしまうことも考えられますので、きちんと計算して施工していきます。
骨組の上に野地板を新設していく様子
骨組の上に野地板を新設していく様子
骨組の上に野地板を張り、ビスで固定していきます。
骨組の上に野地板を貼り終えた状態
骨組の上に野地板を貼り終えた状態
野地板を貼り終えました。
この状態でも木でできた屋根に見えますね。

しかしこの状態ではまだ雨を防ぐ事はできません。
葺き替え工事はこのあと、防水シートを貼り、その上から屋根材を葺いていき、壁際等の弱点になりやすい箇所を綺麗に納めて完成となります。

またこちらの現場が進みましたら紹介していきますのでよろしくお願いします。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

古くなった漆喰

今回は稲沢市での漆喰の屋根リフォームの様子を紹介します。今回のお家は台風の被災を気にされており、屋根の工事をしたいとの事でお伺いしました。

洋屋根に使用されていたトタン部分

今回は稲沢市で施工した、洋屋根の屋根補修工事の様子を紹介します。洋屋根は、おしゃれなお家によく似あう屋根ですが、それに合わせて特殊な構造をしている事もあります。今回のお家では屋根材として洋瓦を使用しており、部分的にトタン部分や、屋根の継ぎ目...........

a6311c6403341b02ef41610f6902745c

今回は、一宮市の皆様へ、屋根リフォームについてのご案内をします。一口に屋根リフォームと言っても、屋根リフォームには様々な種類があります。漆喰の屋根リフォームや葺き替えの屋根リフォームなど、そんなタイミングで行えばよいのでしょうか。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん尾張北店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-966-902