オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

春日井市高森台にて、屋根を金属素材で葺く施工をしました。


今回は、春日井市の高森台で施工した葺き替え工事の続きの様子を紹介します。
前回、屋根にある既存の瓦を解体し、新しく下地を作っている様子を紹介しました。
和瓦の取り外しをする様子
骨組の上に野地板を新設していく様子
今回はここから防水シートを貼る工程から紹介します。
コンパネの上に敷いてあるのが防水シートです。ルーフィングとも呼ばれます。
コンパネの上に防水シートを敷いている様子
コンパネの上に防水シートを敷いている様子
防水シートの施工完了の様子
防水シートとは、瓦のすぐ下にある雨を防いでくれるシートです。
外に置くものにブルーシートを敷いたり被せたりする事があると思いますが、それと同じ様な役割をしてくれます。
基本的に瓦の下に雨が入ってしまっても、この防水シートが健在なら雨漏れすることはありません。
つまり、雨漏れしてしまっている状態とは、この防水シートが破れて穴が空いてしまっている状態を言います。

防水シートの穴は塞ぐ事ができません。
一応屋根裏から発泡ウレタンという素材を吹き付ける事で一時的に止める事はできますが、長くは持たず、かけた費用程の効果が見込めないため、長く住まれる方にはお勧めできません。

また、一部だけ防水シートの張り替えをするというのも、別の箇所からすぐに雨漏れが発生する可能性があり、同じくお勧めできません。僕達のお客様にも、結局全面の葺き替え工事をする事になってしまった方もいらっしゃいますし、勿論足場を2度組む事になり、無駄な出費になってしまっています。
この話は葺き替え工事だけの話ではなく、例えば外壁の一部だけの塗装や、一室だけのクロスの張り替えでも同様の事が言えるので、工事するときは全部の箇所を同じ用に工事してもらうのが良いと思います。
安く済ませる事はとても良い事なのですが、なぜ安く済むのか、それで問題が起きないのか等、親身に相談に乗ってくれる業者さんに工事を頼みましょう。
防水シートの上から金属の屋根材を被せていく様子
防水シートの上から金属の屋根材を被せていく様子
防水シートの上から金属の屋根材を被せていく様子
防水シートの上から金属の屋根材を被せて固定していきます。
今回の素材は「ガルバリウム」という物を使っています。
ガルバリウムは、鋼の板にアルミと亜鉛のメッキをした素材です。
これに対して、鋼の板に亜鉛のメッキをした素材を「トタン」と言います。
ガルバリウムはトタンと比べて錆びにくいという特徴があり、最近では屋根壁問わずよく使われています。
金属の屋根材を被せていく様子
金属の屋根材を被せていく様子
これで屋根材を被せ終わりました。
屋根の継ぎ目に垂木と棟板金を被せる様子
屋根の継ぎ目に垂木と棟板金を被せる様子
最後に、屋根の継ぎ目に垂木という木の芯を組み、その上から棟板金を被せていって完工です。
完工写真
これで工事は完了しましたが、これで終わりではありません。

今回の屋根が頑丈で劣化しにくいとしても、定期的にチェックしないと思わぬ劣化が起きてしまう可能性があります。
金属屋根は貰い錆(錆びている物から錆が移ってしまうこと)に弱く、例えばアンテナ等から錆びが発生してしまうこともあります。
当社では、そういった状況でもすぐに対応出来る様に1年に1度無料で定期点検をさせていただいています。
このお宅も、長くお家を使っていただけるようにしっかりと定期点検させていただきます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根葺き替え工事の様子

こんにちは!街の屋根や尾張北店です。1月も気がつけばもう終わりですね!街の屋根やの職人も寒さに負けず今日も元気よく朝早くから現場に向かっております!!今日は一宮市木曽川町にて屋根の葺き替え工事が始まりましたのでこちらのブログでご紹介させて頂...........

屋根補修工事の施工前の様子

今回は岐阜県各務原市のお宅にて外装工事を行いました。以前一宮市で施工させていただいたお客様からご紹介をいただき現地調査に伺い工事をさせていただきました。

瓦止めと漆喰工事の施工前の様子

今回は、岩倉市で施工した、瓦止め工事の様子を紹介します。今回のお宅では漆喰が完全に割れてしまっており、それを気にされてご連絡いただきました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん尾張北店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-966-902