オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

皆さんは損していませんか?住宅火災保険の正しい使い方


今回は、火災保険の使い方をご説明していきます。
毎年、台風大雨大雪などの自然災害はこの日本で多くみられます。その度に、屋根の瓦が飛んだり雨樋が曲がったりと住宅は大きな被害を受けます。
また、住宅調査の統計では、約8割のお宅は自然災害の被害にあっているという調査結果もあるそうです。
火災保険の使い方
しかし、これを修理しようとすると、かなり大きな費用が必要になってしまいます。

ここで、使えるのが火災保険です。火災保険は、こういった自然災害の被害にあった時に加入されている保険屋さんから保険金が払われるのです。つまり、自然災害で壊れたところは火災保険で修理できるのです。
火災保険の使い方
しかし、すべての住宅に保険金が支払われることはありませんし、修理金のお金すべてが保険金になることはありません。多少は自分の懐からでることになります。
保険屋さんが決めた基準と手続きを経て、保険金がおりてくるのです。手続きが少し複雑になりますので、業者にお願いするようにして下さい。

それでは、流れをご説明していきます。まず、業者に被害箇所の確認をしてもらいましょう。
どうして壊れたのか、自然災害ならばいつの被害なのかを業者は判断してくれます。これでお家の方が住宅の状態を確認する必要はないです。
そして、被害箇所が見つかった場合は、保険の申請を保険屋に出します。
この時に、保険屋さんに提出する書類が、修理箇所の修理見積もり家の図面現状の写真が必要になります。全ての書類を集めてから、保険屋さんに保険の申請を申し込みましょう。
電話で保険屋さんに保険申請がしたいことを伝えます。伝えたら、保険屋さんに書類を送ります。そうすると、保険屋さんが書類を見て審査をします。ここで落ちてしまうと保険金はおりてきません。
後日、保険屋さんから現地の確認をしたいと電話の方がかかってきます。現地を調査中に保険屋からいくつか、ご質問されます。これは、調査してもらった業者に答えてもらうのがいいです。
調査が終わり、これであとは待つだけになります。保険屋さんの基準を満たせば保険金がおりてきます。
いくらおりてくるかは、保険屋さん次第になります。
これが火災保険の申請になります。

保険を上手く使われる方は、足場代が多くなると浮くことがあり、一緒に塗装工事も検討される方も多いそうです。
火災保険の使い方
街の屋根やさん春日井店では、火災保険の診断から保険工事まで全ておこなっております。
診断無料になりますので是非、ご活用下さい。
火災保険の使い方
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん尾張北店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-966-902