オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

「意外と知らないシーリング?コーキング?の種類や特徴」


良く色々なところで聞く「シーリング」「コーキング」ですが、実際にどんな役割やどんな物なのか分からない方も多いと思います。





本日はシーリングについてご紹介します。


ところで、シーリングはコーキングと言う方もいれば、シールという方もいますが何が違うのかお分かりでしょうか?


現在では同じ意味として使われていますが以前は、

シーリング材・・・構造体の目地、隙間部分に充填して防水性、気密性などの昨日発揮させる材料
コーキング材・・・展色材と鉱物質充填剤を混合して製造したペースト状のもの。小さな目地のシールに使用(油性)

となってたそうです。



しかし現在は油性のコーキング材がほとんど使用されておらず、
コーキング材という名前だけが残りシーリング材≒コーキング材となってるそうです。






では、シーリングの役割は隙間を埋めるだけ?とお思いの方もいらっしゃると思いますが、実は重要な役割も担っているのです。


①建物の防水性をアップ
シーリングは隙間を埋める事で建物全体の防水性をアップさせる役割があります。
例えば、外壁材と外壁材の繋ぎ目部分や、外壁と窓のサッシの繋ぎ目などですね。

②衝撃を吸収するクッション
実は、外壁材で使われるサイディングなどは気温や温度によって収縮を少しずつしているのはご存知ですか?
例えば、このサイディングをシーリングを使わずに直接固定したとします。気温や湿度によりサイディングは収縮を行います。すると、サイディング同士がぶつかり合い、割れたり歪んだりしてしまうのです。
そこで、ゴム状のシーリング材を使い隙間を埋めることによりサイディングが動いてもその衝撃は隣のサイディングにいくことなくシーリングが吸収してくれるのです。
外壁目地シーリング
外壁目地シーリング
和瓦シーリング
和瓦シーリング
スレート瓦補修シーリング
スレート瓦補修シーリング
サッシ周りシーリング
サッシ周りシーリング
基礎クラック補修シーリング
基礎クラック補修シーリング
住宅を守る為には重要なシーリングですが、色々な種類がある事も覚えておきましょう。


使う場所によって使うべきシーリングは違います。

①シリコン系
主に浴室やキッチンなど水回りで使用されるシーリング材です。
他のシーリング材よりも、耐久、耐熱、撥水性に優れています。
撥水性に優れているので、外壁材には不向きと言えます。
瓦屋根やガラス周りにも最適です。

②変成シリコン系
主に外壁に使用されます。シリコン系に比べ耐久性に劣り、ウレタン系と比べ密着性も劣ります。
ただ、こちらの変成シリコンはシリコン系だと思われがちですが、実は原料がウレタン樹脂となっており、ウレタン系の仲間となります。
笠木やトタンなどに最適です。

③ウレタン系
主にコンクリートの補修や木材に使用されます。
他シーリング材に比べ、密着性が優れており、硬化すると弾力性も優れています。
ただ、紫外線に弱いという点もあるので、ウレタン系を使用する場合は上から塗装する必要があります。
ALC、スレート、排気口等に最適です。




用途によって最適なシーリングを使い分ける事が重要ですね。

流行りのDIYを行う際にも参考にしてみて下さい!
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん尾張北店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-966-902