オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

守山区にて、防水シートの上に木の下地と瓦を葺く施工をしました


今回は守山区で施工させていただいた葺き替え工事の様子を紹介します。
既存の瓦を解体した後に防水シートを張りつけた様子
前回、瓦の解体と、その上から防水シートを貼る所まで紹介させていただきました。
今回はその上から木の下地を組み、瓦を葺いていきます。

防水シートの上から木の下地を組んでいく様子
防水シートの上から木の下地を組んでいきます。
ここの組み方で最終的な瓦の位置が決まってきます。ここでズレが発生してしまうと瓦が飛び出してしまうなんて事も起きてしまいます。
瓦が固定されておらず、調べて見ると「固定するための下地が無い状態だった」なんて事もありました。
防水シートの上に木の下地を作り、棟瓦を固定するための金具を取り付けた様子
また、この時に屋根の山部分には棟の垂木(たるき:棟瓦をビス等で固定するための木)を乗せるための金具を取り付けておきます。
これも真っ直ぐに取り付けないと雨水が意図しない形で浸入してしまったりします。
木の下地を組んだ屋根に瓦を並べる様子
木の下地を組んだ屋根に瓦を並べる様子
下地に瓦を乗せていきます。
下から上に、端の部分で瓦のはみ出しを切り取るので、屋根の真ん中から乗せていき、最後に棟瓦を被せます。

この瓦は平板瓦といい、瓦同士をビスで固定するので瓦が落ちにくくなるという特徴があります。瓦の重量も軽く、地震にとても強い瓦です。
瓦を切断するためのカッター
真ん中の瓦を乗せ終わったら端の瓦を乗せていきますが、普通に乗せると瓦がはみ出してしまいます。
このミシンのような形の機械は瓦カッターといい、はみ出してしまう部分を瓦カッターで切ってから乗せていきます。
これで地瓦(じがわら:屋根の平面部に乗せる瓦)は完成です。
地瓦を葺き終えたので垂木を乗せます
棟垂木にシルガードを施工する様子
最後に棟瓦を組みます。
金具に棟垂木を固定し、シルガードを施工します。

シルガードとは、南蛮漆喰とも呼ばれる漆喰の種類の一つで、防水性や耐久性の高い物です。
葺き土を使わない屋根に使われたりします。
棟瓦を乗せ、ビスで固定した様子
最後に棟瓦を乗せ、ビスで固定します。

これで屋根の葺き替えは完成となります。
このお宅は葺き替えという大きな工事ではありましたが、比較的綺麗な大屋根も同時に施工させていただきました。
全体を同時に工事をすることで、足場工事などを一度で済ませて費用負担を抑える事や、今回やらなくてもいずれ工事が必要になる事をお伝えして全体を工事する事になりました。

別途でそれぞれ工事した方が僕達の利益も多く発生しますが、お客様と末永くお付き合いさせていただき、信用をいただくためにも、必ずこういった提案をさせていただいています。
「街の屋根やさん」春日井店では必ずお客様のための提案をさせていただきますので、相談等ありましたらお気軽にご連絡ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根葺き替え工事の様子

こんにちは!街の屋根や尾張北店です。1月も気がつけばもう終わりですね!街の屋根やの職人も寒さに負けず今日も元気よく朝早くから現場に向かっております!!今日は一宮市木曽川町にて屋根の葺き替え工事が始まりましたのでこちらのブログでご紹介させて頂...........

屋根補修工事の施工前の様子

今回は岐阜県各務原市のお宅にて外装工事を行いました。以前一宮市で施工させていただいたお客様からご紹介をいただき現地調査に伺い工事をさせていただきました。

瓦止めと漆喰工事の施工前の様子

今回は、岩倉市で施工した、瓦止め工事の様子を紹介します。今回のお宅では漆喰が完全に割れてしまっており、それを気にされてご連絡いただきました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん尾張北店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-966-902