オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

一宮市にて瓦屋根が変形⁈台風によって破損した瓦の修理と瓦の豆知識


今回は一宮市木曽川町のK様宅に伺いました。
お客様から屋根の一部に変形があり、落ちてきても危ないとのことで修理が必要なのではという事で店舗の方にご来店いただき現地にて見させていただきました。
瓦が落ちてきたら一大事です。こういう場合は直ぐに現場に直行と修理が必要です。
今回は台風でと言われていましたのでビスやクギが抜けただけならその場ですぐに修理が可能ですのでとりあえず持ち合わせていきました。

こちらが瓦を下から見た様子です。
自然災害で破損した屋根の点検の様子
少し袖の瓦グニャグニャと曲がっているように見えます。
確かに修理が必要そうです。
自然災害で破損した屋根の点検の様子
もう少し建物に近づいてみるとうっすら空がみえます。下から見てわかるように袖瓦部分かなりズレていますね。

瓦はもちろん屋根の上ですので下からでは分かりませんので屋根に登ります。
グキやビスが抜けてるだけなら登ったついでに修理です。
さっそく登ってみましょう。
どれどれ
自然災害で破損した屋根の腐食した様子
こちらが登って、瓦を外してみた下地の様子です。
屋根に上ってみると木の部分に腐食と、袖瓦ズレがあり下手にさわると落ちてしまう状態です。
瓦の修理を必ず行わなければ危険な状態です。
自然災害で破損した屋根の腐食した様子
下地の木が腐ってたのはもちろん原因の一つですが瓦がズレた決定打は台風による被害と判断したため、弊社から火災保険の申請のサポートをさせていただき瓦の修理工事をご提案させて頂くことになりました。お客様には火災保険を申請して頂き、無事受給できれば修理に取り掛かります。
自然災害で破損した屋根の応急処置の様子
ちょっとこの場での修理は難しいと判断させて頂き外した瓦は落ちてきたら大変なのでそのまま外したままにして雨が入らないように簡単に養生だけさせてもらいます。
修理の様子は下の方に載っけます。

ちょっと話しはそれますが少し瓦の豆知識をお伝えします。瓦というとイメージするのは屋根です。
また瓦には色々な名称があります。例えば今回被害を受けたのは袖瓦(そでがわら)になります。

袖瓦(そでがわら)とは、袖の瓦です。別名ケラバ瓦とも呼ばれますが、切妻屋根などの端っこ破風部分に使われる瓦のことです。またこの破風部分を妻と呼ぶ場合は、妻瓦と呼ばれることもあります。どちらかと言うとケラバという事が多い気がします。業界の言葉って聞き慣れないので少し面白いですね。
つまり整理すると
ケラバ=袖の瓦=妻瓦です。
ついでに袖が垂れている部分を袖垂れといいますが、袖が右側についているものを右袖、左側についているものを左袖といいます。また袖の大きさによって大袖、小袖とあります。ここは雨風の影響を強く受ける場所なので、必ず釘やビスで固定されます。
ちなみに、袖瓦の他にも瓦の名称をご参考までにご紹介します。

①桟瓦(さんがわら)・・・もっとも多く使われる瓦、歩くところですね。屋根のほとんどが桟瓦です。

②角瓦(かどがわら)・・・袖瓦の一番下だけに使う瓦。端っこの先っちょの瓦ですね。

③万十軒瓦(まんじゅうのきがわら)・・・屋根の一番下の1列だけに使う瓦。正面から見ると丸がついてる瓦です。

④のし瓦・・・屋根の頂点の棟部の土台で使用される瓦(冠瓦の下)

⑤紐丸(ひもまる)・・・屋根の頂点の棟部で使用される一番上に使う瓦。現場では冠瓦やがんぶり瓦とも言いますね。

⑥またぎ巴(ともえ)・・・屋根の頂点の棟部の一番端で使われる瓦です。(鬼瓦の下)

⑦カエズまたぎ鬼・・・屋根の頂点の棟端部で使用される鬼瓦です。

はぁはぁはぁ、、、、、
長々とすいません瓦の豆知識はこのくらいで今回の修理の様子をご覧下さい。

そして、こちらが瓦の修理の施工中の様子になります。


自然災害で破損した屋根の施工中の様子
袖の瓦(ケラバ)を止めるためにビスを打つ既存の垂木が腐食していましたのでこちらは交換になります。腐った木を撤去したらまずは防水シートを貼っていきます。
自然災害で破損した屋根の施工中の様子
袖瓦は頂点の棟から軒先に向かって続けて瓦がありますので基本的にはひとつなぎで全ての瓦を修理するのがベストです。今回の修理では下地の木を腐食しにくい樹脂仕様の垂木にていきます。
自然災害で破損した屋根の施工中の様子
更に、袖瓦に雨水が入るのを防ぐためにシーラーを設置していきます。せっかく修理しますので念には念を。弊社で働いてる瓦の一級技能士いわく新築でわできない仕様をリフォーム修理ではするべきとの事です。
自然災害で破損した屋根の完工の様子
そして、こちらが瓦の修理の施工後の写真です。
自然災害で破損した屋根の完工の様子
既存の瓦を復旧しパッキン付きビスで固定をし、瓦がズレにくいようにコーキングで止めていき瓦の修理工事が完了となります。
今回は台風シーズンということもあり、自然災害被害による問い合わせがかなり多かったです。

昨日の25年ぶりの非常に強い台風で被害にあわれたお家も多いと思います。
台風での被害火災保険を適用し、負担を少なく瓦の修理をすることができます!
普段中々見ることのない外装はこういう状況に一度見られてみるといいかもしれません。
特に屋根は地上からみて何ともなくても、登って見てみたら瓦の修理が必要ということもよくあります。
少しでも気になる事がありましたらお気軽にご連絡ください。

そして、台風シーズンが過ぎると年末に向けて雪の被害も出てくる可能性が出てきます。

弊社では自然被害の影響を受けているか受けていないかの家屋無料診断も行なっておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

最後に

瓦の修理は、もちろん瓦屋根の状態によって対処方法が変わります。瓦の状態から、原因と修理方法を探っていきます。

ここで、瓦のトラブル別に瓦の修理方法を何点かご紹介します。

トラブル① 瓦の割れ

修理方法・・・瓦の交換やコーキング処理などの部分修理で対処できたりします。

瓦が割れてしまったときの補修は、部分修理でなんとかなることがほとんどなので、はやめに修理しましょう。割れた瓦をそのまま放置しておくと、そこから雨水やホコリが入り込んで内部の防水シートを腐らせ、修理費が高額になってしまうというケースもあるので注意が必要です。

トラブル② 瓦のズレ

修理方法・・・瓦のズレの状況や範囲によっても修理方法は変わってきますが、葺き替え・葺き直し・カバー工法・部分修理といった修理方法があります。

瓦のズレをそのままにしておくと家屋に大きな被害を与えてしまう可能性があるので、少しでも早い対応・修理が必要です。

トラブル③ 瓦のクギ浮き

修理方法・・・まず既存のクギを抜き、内側を確認してから新しいクギやビスで瓦を固定しなおたら修理完了です。

トラブル④ 瓦の色あせ

修理方法・・・まず高圧洗浄機などで全体をきれいに掃除します。そして下地用の塗料を塗り、次にスプレーや刷毛を使い丁寧に塗装し直して修理完了です。

トラブル⑤ 漆喰の割れ、崩れ、剥がれ

わかりやすい症状として、瓦の上に崩れ落ちた白い塊が乗っている場合、漆喰周辺から泥が出てきている場合です。

修理方法・・・まず崩れた漆喰を丁寧に取り除き、漆喰の奥の葺き土も確認し必要があれば修理を行います。最後に漆喰をしっかり塗り込んで、表面をキレイに整えたら修理完了です。

トラブル⑥ 垂木・野地板の痛み、腐食

修理方法・・・腐ってしまった垂木・野地板を新しいものに取り替えて修理完了です。部分修理の場合と全面修理の場合があります。

トラブル⑦ 防水シートの傷み

防水シートにも寿命があるので瓦のトラブルや定期点検の際にご相談ください。

修理方法・・・傷んだ防水シートを外して、新しいシートに取り替えたら修理完了です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

一宮市のお宅にて屋根の棟組替え工事を行いました

d0b8d96dc22cd6f184ba20f3c41f0a69
ef0494dcb07a17b93d6d520357b1d106
工事内容
屋根補修工事
漆喰取り直し
漆喰詰め直し
その他の工事
足場
使用素材
樹脂垂木 シルガード パッキン付きビス コーキング
築年数
10数年
建坪
保証
工事費用
約33.5万
施工事例

一宮市にて火災保険で雨樋と屋根の修繕を行いました。

e43d8c20a1e8d12fbdb116ca91fa8b3f
4eb04f1e6a803f4779c47d7e6cf836ba
工事内容
屋根補修工事
漆喰取り直し
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
足場
火災保険
使用素材
Panasonic PC50
築年数
建坪
保証
工事費用
約90万
施工事例

一宮市のお宅にて台風で被害が出た屋根の修理を行いました

b0281004a324618f278b9edbfabc3036
59be783c03b6d324f70354d8b04fddd5
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
棟瓦取り直し
外壁塗装
その他塗装
足場
火災保険
使用素材
棟金具 シルガード シリコン パッキン付きビス 樹脂垂木
築年数
10数年
建坪
保証
工事費用
約52万

同じ地域の施工事例

施工事例

一宮市のお宅にて屋根の棟組替え工事を行いました

d0b8d96dc22cd6f184ba20f3c41f0a69
ef0494dcb07a17b93d6d520357b1d106
工事内容
屋根補修工事
漆喰取り直し
漆喰詰め直し
その他の工事
足場
使用素材
樹脂垂木 シルガード パッキン付きビス コーキング
築年数
10数年
建坪
保証
工事費用
約33.5万
施工事例

一宮市にて火災保険で雨樋と屋根の修繕を行いました。

e43d8c20a1e8d12fbdb116ca91fa8b3f
4eb04f1e6a803f4779c47d7e6cf836ba
工事内容
屋根補修工事
漆喰取り直し
雨樋交換
部分塗装
その他の工事
足場
火災保険
使用素材
Panasonic PC50
築年数
建坪
保証
工事費用
約90万
施工事例

一宮市今伊勢町にて外壁の塗替え工事を行いました

f57510874e3d030f0acdb011f56bb72c
7c4817f3a9b90f2ed01cdfff0fcda21d
工事内容
雨樋交換
外壁塗装
部分塗装
その他塗装
その他の工事
足場
使用素材
ガイソータフネスシリコン
築年数
建坪
保証
工事費用
約100万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

古くなった漆喰

今回は稲沢市での漆喰の屋根リフォームの様子を紹介します。今回のお家は台風の被災を気にされており、屋根の工事をしたいとの事でお伺いしました。

洋屋根に使用されていたトタン部分

今回は稲沢市で施工した、洋屋根の屋根補修工事の様子を紹介します。洋屋根は、おしゃれなお家によく似あう屋根ですが、それに合わせて特殊な構造をしている事もあります。今回のお家では屋根材として洋瓦を使用しており、部分的にトタン部分や、屋根の継ぎ目...........

a6311c6403341b02ef41610f6902745c

今回は、一宮市の皆様へ、屋根リフォームについてのご案内をします。一口に屋根リフォームと言っても、屋根リフォームには様々な種類があります。漆喰の屋根リフォームや葺き替えの屋根リフォームなど、そんなタイミングで行えばよいのでしょうか。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん尾張北店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-966-902