オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

江南市で、雨染みのついたコロニアル瓦に塗装を行いました。


今回は江南市の村久野町にお伺いしました。

今回のお宅の屋根はコロニアル瓦を使用されていました。
コロニアル瓦の屋根の様子
コロニアル瓦の屋根の様子
コロニアル瓦セメントなどを主材としている屋根材です。
和瓦や金属など、多種多様の屋根材がありますが、コロニアル瓦は安価カラーバリエーションが豊富なので洋風な家に合うという特徴があります。


ただ、写真のコロニアル瓦はの通り道に沿って白い染みができてしまっています。
お家の建築材に使用される塗料は本来であれば水を弾く性質を持っていますが、このような染みができてしまっている場合はすでに防水効果が無くなってしまっています。

コロニアル瓦の主材であるセメントは、アルカリ性によって強度を保っているため、酸性の雨などにさらされてしまうと、アルカリ性が失われて強度が無くなってしまいます。
強度を失ったコロニアル瓦はひび割れの発生や、表面が風化してしまうなどが発生してしまい、雨漏れの原因を作ってしまうことになります。
ですので、コロニアル瓦は塗膜の劣化が始まってしまう前に塗装し直してあげなくてはいけません。


お家の方にもこの説明をしたところ、雨漏れも無いし、お家の下から見ると特に問題無さそうなので大丈夫だと考えていたようで、とても驚かれました。
お家の屋根は状態次第で耐候年数が変わってくるので、しっかり屋根の定期点検をしてもらうようにしましょう。
コロニアル瓦の屋根のケレン作業の様子
コロニアル瓦の屋根のケレン作業の様子
どんな塗装の工事もそうですが、
塗装工事をする際には必ず施工前にケレン作業(タワシなどによって塗装する箇所を擦り、汚れや古い塗膜を落とす作業)を行う必要があります。
表面に汚れが残った状態で塗装をしてしまうと、塗装する箇所と塗膜の間が汚れなどによって隙間ができてしまい、耐候年数が大幅に短くなってしまいます。
コロニアル瓦の屋根のひび割れの様子
また、屋根材にひび割れなどがあった場合は、瓦などに使用するシリコンで埋める必要があります。
シリコンにも塗料が乗る物と乗らない物があるため、そこにも注意が必要になります。
コロニアル瓦の屋根の下塗りの様子
コロニアル瓦の屋根の下塗りの様子
ケレンと補修が終わったら下塗りをしていきます。


塗装工事は全部で3回の塗装が必要になります。
そのうちの2,3回目の塗装は塗料本材の塗装になりますが、最初の下塗り塗料と塗膜を密着させるための塗料や、金属材に塗装をする場合は錆び止めという塗料を塗装します。

今回の写真ではオレンジ色の塗料は錆び止めになります。また、金属部以外にはセメントを主材とした材質の物にはフィラーという、目に見えないような細かいひび割れに入って補強する塗料を使用しました。
コロニアル瓦の屋根の本材塗装の様子
コロニアル瓦の屋根の本材塗装の様子
下塗りが終わり、乾かしたら次は塗料本材の塗装を行います。

塗料本材は、一度塗装後、乾かして再度塗装を行います。
塗装一度で作られる塗膜は薄いため、小さな衝撃でも塗膜が剥がれてしまったり、期待している耐候年数よりも短くなってしまいます。
一方で、塗装を厚塗りしようとすると、塗料の重みで流れていってしまいますし、仕上がりも綺麗にはなりません。
こういった理由から、塗料本材は2回の塗装が必要になります。
コロニアル瓦の屋根塗装完工の様子
コロニアル瓦の屋根塗装完工の様子
これで工事完了になります。

今回のように、下から屋根を覗いただけでは問題が発覚しない事は多くあります。
来年の自然災害に対応できるように、早めに点検をし、問題があったら増税前に直しておきましょう。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

江南市にてスレート瓦の屋根塗装をさせていただきました。

20150519-ko-mae04
20150519-ko-midashi
工事内容
屋根塗装
足場
使用素材
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
施工事例

あま市にてスレート瓦の屋根塗装をさせて頂きました。 

20150520ao-mae01
20150520ao-ato04
工事内容
屋根塗装
使用素材
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
施工事例

犬山市にて、スレート瓦の屋根塗装工事をさせていただきました。

20150522-ihi-mae01-1
20150522-ihi-midashi-1
工事内容
屋根塗装
使用素材
築年数
約20年
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

江南市で経年劣化した雨樋の交換工事をさせていただきました。

4ef05995f8de48174afb9e1a5e87d263
78baab68d8c40f5675b2871bd070b997
工事内容
雨樋交換
その他の工事
足場
使用素材
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
施工事例

江南市にてスレート瓦の屋根塗装をさせていただきました。

20150519-ko-mae04
20150519-ko-midashi
工事内容
屋根塗装
足場
使用素材
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用
施工事例

江南市東野町にて古くなった板金の張替え塗装工事を行いました。

79c789fb6bd8b3e3a78498936d77279c
55d7c56421d979bcdcff52b31df201e1
工事内容
外壁塗装
部分塗装
その他塗装
足場
使用素材
二スクカラーSGL0.45 角波板金 エスケーシリコン
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
概算 200万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根補修工事の施工前の様子

今回は岐阜県各務原市のお宅にて外装工事を行いました。以前一宮市で施工させていただいたお客様からご紹介をいただき現地調査に伺い工事をさせていただきました。

屋根の塗装工事の錆びの様子

今回は、一宮市で屋根の塗装工事の様子を紹介します。このお家の屋根材は金属製の物を使用されていました。

ひび割れたスレート屋根の塗装工事の水洗いの様子

今回は、犬山市で施工したスレート屋根の塗装工事の様子を紹介します。スレートは、セメントを主材とした屋根材で、安価でカラーバリエーションが豊富で良く使用された屋根材です。しかし瓦や金属と比べて耐久性はやや低く、特に雨などを吸ってしまうと割れや...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん尾張北店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-966-902