オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

台風の被害で瓦が吹き飛ばされた家屋の補修工事をしてきました。


皆さん2018年の9月4日台風21号の被害はいかがでしたでしょうか?

弊社はいまだに問い合わせが続いております。







今回はその中の一件を随筆させていただきます。
春日井市のお客様で「瓦がたくさん落ちてきたからすぐ見に来て欲しい!!」とのお問い合わせで現地に調査に伺いました。


見たところ棟瓦が崩れており、風で飛ばされて地瓦(平瓦)が割れておりました。
9月は雨もよく降り、当時の天気予報でも雨予報が多かったため急いでブルーシートをかぶせ、二次被害の無いように応急処置を行いました。
台風被害の応急処置の様子
台風被害の応急処置の様子
台風被害の応急処置の様子
台風被害の応急処置の様子
台風被害の応急処置の様子
原因として30年の間に一度も屋根を修理したことがないと仰っていたので、経年劣化からくる被害が一番考えられます。




今回は、施主様とお打ち合わせをさせて頂き、コストを少なく次回の台風にも備えれるようにして欲しいとのご要望でしたので、棟の組み替え工事(耐震棟施工)をご提案させて頂きました。

どんな施工内容かというと、昔ながらの多くの家屋の場合、瓦の棟部分には冠瓦と言って一番てっぺんにある瓦と熨斗瓦と言って複数枚積み重なっている瓦があります。
台風被害によって屋根修繕の棟の組み替え工事の様子
台風被害によって屋根修繕の棟の組み替え工事の様子
コチラを一度全て解体をして大きめの冠瓦のみにすることによって、中の葺き土の分や熨斗瓦の分軽量化され、中の強化金具を下地に直接固定することにより地震などの揺れに対しても崩れにくくなる施工方法になります。
台風被害によって屋根修繕の棟の組み替え工事の様子
このようにメリットもたくさんある耐震棟施工ですが簡単に見えて以外と手間もかかりますので、施工手順も一緒にご紹介していきたいと思います。


まずは全ての棟瓦を解体していきましょう。
台風被害によって屋根修繕の棟の組み替え工事の様子
台風被害によって屋根修繕の棟の組み替え工事の様子
台風被害によって屋根修繕の棟の組み替え工事の様子
台風被害によって屋根修繕の棟の組み替え工事の様子
このように処分する瓦と葺き土がとてつもない量が出ます。
だいたい土囊袋60〜70袋くらい出ますので簡単そうに見えてカナリ手間暇がかかります。

また上記写真にもあるように在来の棟瓦は葺き土で支えてあり、結束線と言われる針金みたいなもので(当時は銅線)固定してあるだけですので最近の強い地震台風では耐えれないことも多いです。
ですので強化金具と言われる金具部材を下地に固定して、真っ直ぐラインが出るように糸を引いていきます。
台風被害によって屋根修繕の棟の組み替え工事の様子
この金具の上に垂木を乗せて固定し、瓦をこの垂木に固定していきます。
今回は木材だと長い年月と共に腐食してしまうので、樹脂垂木と言われる腐食しにくい材料で施工をしました。
台風被害によって屋根修繕の棟の組み替え工事の様子
台風被害によって屋根修繕の棟の組み替え工事の様子
台風被害によって屋根修繕の棟の組み替え工事の様子
ココまですると手で揺らしても中々強度があり揺れることが少ないです。

次に土の見えている隙間の部分をシルガードと呼ばれる資材で埋めていきます。
特殊なシリコンや防水剤が混入されている資材のため瓦との密着性や防水性が高く最近の瓦屋さんのほとんどが使用してるのではないでしょうか?
台風被害によって屋根修繕の棟の組み替え工事の様子
台風被害によって屋根修繕の棟の組み替え工事の様子
台風被害によって屋根修繕の棟の組み替え工事の様子
台風被害によって屋根修繕の棟の組み替え工事の様子
このようにしっかりとムラ無く施工することにより、水分が飛んだ後のクラックヒビ割れなどが起きにくくなります。

細かい部分ですが職人さんの施工技術がポイントとなってくる箇所ですね。
最後にこの上に冠瓦をかぶせて、パッキン付きのビスで樹脂垂木に固定をすれば軽量化され、強化された棟工事の出来上がりです。
台風被害によって屋根修繕の棟の組み替え工事完工の様子
台風被害によって屋根修繕の棟の組み替え工事完工の様子
台風被害によって屋根修繕の棟の組み替え工事完工の様子
また今回の場合地瓦も割れてましたので一緒に補修をして差し替えさせて頂きました。
台風被害によって割れた地瓦交換の様子
ここの御宅は屋根の色が緑色で最近では見ることが少なくなってきましたが青銅色と言い、まだ生産はしておりますので類似系の色で合わせることも可能でした。


今回のような台風被害や昔ながらの瓦屋根でも弊社は施主様に喜ばれるよう試行錯誤をして施工をご提案させていただいております。
屋根の事でお困りであればまず弊社にご相談頂ければ間違いないと自負しておりますので、お気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

一宮市木曽川にて屋根の修繕、外壁塗装の工事を行いました。

工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
外壁塗装
足場
火災保険
使用素材
シルガード ガイソーウォール4FⅡ Panasonic pc-50
築年数
建坪
保証
工事費用
約150~200万円
施工事例

一宮市奥町にて台風による釘抜けが見受けられた家の修理を行いました

ac1f674b13785fcc6abb3f1fbb07c24f
c6880c0e33ed2ac90f27ccdbec60e9ab
工事内容
屋根補修工事
火災保険
使用素材
樹脂垂木 棟金具 シルガード 防水パッキン付きビス シリコン
築年数
10数年
建坪
保証
工事費用
40万前後
施工事例

一宮市にて色が見られる外壁へ塗膜を形成し屋根には棟組み替え工事を施工いたしました。

35975a76508ae468ae995ff2ae60e1f6
c2102af94b76678230c8b208d8a40729
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
外壁塗装
その他塗装
足場
使用素材
ガイソーウォールシリコン オートンサイディングシーラント 樹脂垂木 シルガード パッキン付きステンレスビス
築年数
約20年
建坪
保証
工事費用
約120万円

同じ地域の施工事例

施工事例

春日井市にて平板への屋根葺き替え工事をさせていただきました。

b_002-1
top-6
工事内容
屋根葺き替え
雪止め設置
足場
使用素材
平板瓦
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
施工事例

春日井市にて金属屋根への屋根カバー工事をさせて頂きました。

b_001-2
top-5
工事内容
屋根カバー工事
雪止め設置
足場
使用素材
ガルバリウム
築年数
約30年
建坪
保証
工事費用
施工事例

春日井市にてスレート屋根の屋根カバー工事をさせて頂きました。

b_001-1
top-4
工事内容
屋根カバー工事
雪止め設置
足場
使用素材
ガルバリウム
築年数
約25年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根補修工事の施工前の様子

今回は岐阜県各務原市のお宅にて外装工事を行いました。以前一宮市で施工させていただいたお客様からご紹介をいただき現地調査に伺い工事をさせていただきました。

瓦止めと漆喰工事の施工前の様子

今回は、岩倉市で施工した、瓦止め工事の様子を紹介します。今回のお宅では漆喰が完全に割れてしまっており、それを気にされてご連絡いただきました。

増築部分からの雨漏れの様子

今回は、一宮市にて、一階増築部分から雨漏れがあり困っているというご相談があり、点検にお伺いしました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん尾張北店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-966-902