オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

春日井市にて劣化したスレート屋根に塗装工事を施工しました。


今日は春日井市で施工させていただいたスレート屋根の塗装工事の様子を紹介します。

塗膜が劣化してしまったスレート屋根
この屋根の事をスレート屋根といいます。
セメント等を主材としており、和瓦と比べると安価で軽いというメリットがあります。
しかしながらセメントはアルカリ性で酸性の雨が染み込んでしまうと劣化してしまいます。

スレートが劣化してしまう前に、定期的に塗装をしてあげる必要があります。
これは外壁でも同じですね。
劣化してしまったスレートと説明
よく見ると赤矢印の部分が黒く、湿気を含んだ状態になっているのが分かると思います。
また、黒丸で囲んだ部分が雨水の通り道だけ色あせしてしまっています。

今回のスレート屋根は塗装による防水の効果は切れてしまっており、スレートが雨水を吸ってしまっているようです。
この状態を放置してしまうと、ひびが入る等、塗装では直せない状態になってしまい、葺き替え等が必要になってしまいます。

ちなみに和瓦は素材としてはガラス等の陶器に近いので、経年劣化はしにくく、塗装の必要はありません。
塗装工事を施工する際には、塗装の前に「ケレン」という
劣化して浮いてしまった塗料の粉やホコリ等を磨く事で剥がす工程が必要になります。
ケレンせずに塗装してしまうと、ホコリ等の上に塗料が乗るので、塗料の乗りが悪かったり劣化が早かったりしてしまいます。

今回は手作業で磨いていますが、基本的には高圧洗浄器を使うことがほとんどです。

ただ今回のような、あまり濡れて欲しくない場所(今回だと屋根の上なので)や、
優しく作業をしてあげないといけない箇所(割れてしまいそうな瓦など)は手作業で磨く必要があります。
スレートに塗装の施工の様子
スレート屋根の塗装施工中の様子
ケレン後、スレートと板金に塗装していきます。

スレート屋根への塗装完工の様子
スレート屋根への塗装完工の様子
これで塗装完了です。
しかし屋根塗装をお考えの方には、非常に重要な事があります。

屋根瓦は構造的に、瓦の下に潜り込んだ雨水も外に流れるようになっています。
しかし、塗装は雨の通り道を塞いでしまうため、塗装後に雨水の通り道を作る工程が必ず必要になります。
屋根塗装を頼む際に必ずこの工程があるか確認しましょう。

今回のように、単純な塗装作業にも、プロの目線で判断が必要になる箇所が沢山あります。
屋根の工事に関しては「街の屋根やさん」春日井店がしっかりプロの目線で判断させていただきますので、お気軽にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根葺き替え工事の様子

こんにちは!街の屋根や尾張北店です。1月も気がつけばもう終わりですね!街の屋根やの職人も寒さに負けず今日も元気よく朝早くから現場に向かっております!!今日は一宮市木曽川町にて屋根の葺き替え工事が始まりましたのでこちらのブログでご紹介させて頂...........

屋根補修工事の施工前の様子

今回は岐阜県各務原市のお宅にて外装工事を行いました。以前一宮市で施工させていただいたお客様からご紹介をいただき現地調査に伺い工事をさせていただきました。

瓦止めと漆喰工事の施工前の様子

今回は、岩倉市で施工した、瓦止め工事の様子を紹介します。今回のお宅では漆喰が完全に割れてしまっており、それを気にされてご連絡いただきました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん尾張北店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-966-902