オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください

春日井市で屋根漆喰工事と屋根断熱材設置工事をしました。

工事のきっかけ

屋根をしばらく手入れをしておらず、屋根を一度診てもらおうと思い、近くで屋根工事をしている工務店をインターネットで探しました。自宅の近くにあり、実績もあり、とてもしっかり施工している印象でしたので、安心して頼めると思い、屋根の点検をお願いしました。その結果、やはり屋根の状態が悪く、このままでは雨漏りが心配でしたので、今回工事を依頼しました。

漆喰詰め直し,その他の工事

ビフォーアフター

before
漆喰工事前の屋根
horizontal
after
漆喰工事後の屋根

工事基本情報

施工内容
漆喰詰め直し,その他の工事
施工期間
2日間
使用材料
漆喰、マットエース(旭ファイバーグラス株式会社)、発砲ウレタン、防カビ剤入り ジャンボエース シリコーンシーラント(若井産業株式会社)
施工内容その他
屋根断熱材設置・屋根発砲ウレタン補修工事
築年数
約20年
保証年数
5年(毎年弊社の一年点検が受けられます。)
工事費用
屋根漆喰工事 36.4万円(税込) 屋根断熱材設置・屋根発砲ウレタン補修工事 9.5万円(税込)
屋根漆喰工事の施工前の屋根の棟
棟の下の三日月状の面戸(めんど)と言われる漆喰部分が、経年劣化でコケや汚れがつき、ひびができて剥がれてきているのが分かります。

棟の瓦止めコーキングも年数が経ち、黒ずんでしまっています。

前回他社さんで古く傷んだ漆喰の上に新しい漆喰を入れたそうで、表面の漆喰が剥がれた中には、古く傷んだ漆喰が見えています。
屋根漆喰工事の施工後の屋根の棟
面戸部分の漆喰を全て取り除いた後、新しく漆喰を入れました。

棟の部分の傷んだ瓦止めコーキング部分は、新たにコーキングを増し打ちし、強度を上げました。
小屋裏から見た防水シートの破れ
野地板と野地板の間から見える、黒い防水シートが裂けて穴が空いてしまっています。

防水シートは雨からお家を守る最後の砦ともいう部分ですので、ここが穴が空いているといつ雨漏りしてもおかしくありません。
防水シートの破れを発砲ウレタンで補修
防水シートが裂けて穴が空いてしまっていたところに、発砲ウレタンを吹き付けて穴を塞ぎました。

この工事と同じ工事を行った現場ブログ

  • 街の屋根やさん10のお約束
  • 不安ゼロ宣言
  • リフォーム瑕疵担保保険JIO
  • 充実の長期保証
  • マイスター制度
ここまでやります無料点検
お住まいの地域の屋根工事会社が見つかる街の屋根やさんポータルサイトはこちら
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら尾張北店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!
0120-966-902