オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

春日井市のO様宅にて瓦屋根の漆喰と棟瓦の施工を実施しました。


本日は春日井市O様宅にて、瓦屋根の漆喰工事と棟瓦のシーリング工事を行いました。
O様宅は築40年で2度目の漆喰工事となりますが、前回施工した漆喰が古くなっていたとの事でご依頼がありました。


まずは漆喰工事についてです。漆喰は屋根の棟と呼ばれる所の下に入っています。
漆喰の裏には葺土(ふきど)という土が入っており、その土を守る為に入れられています。
葺土は棟の土台になっていて、漆喰がとれて土がでてきてしまうと、土台がなくなり棟が崩れる可能性があります。

その為、漆喰は定期的に入れ替える必要があります。
屋根の上は施主様ではなかなか目がいかない場所ですが、家の駐車井や、ベランダ、庭等に白い塊が落ちてきたら
漆喰の可能性があるので、すぐに業者様に点検に来てもらいましょう。


漆喰 施工前
漆喰 施工前
漆喰の施工についてですが、基本的には、もともと入れてある古い漆喰を取り除いてから
新しい漆喰を入れてもらってください。

漆喰を重ねて入れてしまうと、棟から漆喰がはみ出してしまい、雨等の水のあたりが増えてしまいます。
水が多く当たれば漆喰の劣化も早めてしまうので、できるだけ古い漆喰はとってもらいましょう。
漆喰 施工後
漆喰 施工後
次に棟瓦のコーキング施工です。
棟瓦を施工する場合もいくつか理由がありますが、今回はO様の隣が近隣様の駐車場になっていて、
瓦が飛んでしまうと車に傷を付けてしまうとの事でした。
その為、棟瓦がずれて落ちないようにシーリングにて施工しました。
漆喰 施工後
漆喰 施工後
その他にも棟からの雨の浸入を防ぐ為などの理由もありますが、
基本的には瓦はズレがあっても水が抜ける場所もついています。

ただ、ズレが相当酷いお宅に関しては施工させていただく事もあります。
瓦は風通しもよくしてあげないと湿気が小森雨漏れに繋がる事もあるので注意しましょう。

屋根工事をする際には、事前の現地調査を的確に行ってもらい、正しい施工をしてもらいましょう。
弊社では無料調査も行っておりますので、屋根の事で気になる事がある方は気軽にご連絡ください。
丁寧な現地調査と丁寧な提案にて対応させていただきますのでよろしくお願いします。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

一宮市木曽川町で火災保険を使って屋根の工事をしました。

e91177148ac76923ec964e720e961b31
195f83450f221fd6a67f7b6aec562b13
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
使用素材
棟金具 棟垂木 シルガード パッキン付きビス シリコン
築年数
25~30年
建坪
保証
工事費用
概算40万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

犬山市 屋根工事 漆喰 施工前

今回は犬山市のお宅で、屋根の漆喰工事を施工しました。このお宅は、築20年以上経過しており、手入れは漆喰は一度したそうですが、手入れしてから、年数が経ち、また劣化しました。工事は、一度したからといって安心出来るわけではなく、定期的に修理をして...........

漆喰 施工前

一宮市にて漆と棟瓦しめ直し工事を行いました。こちらのお宅の漆喰は、所々漆喰が剥がれ落ち土がむき出しになっている状態でした。今の現状のままだと棟瓦が抜けたり雨が入ってしまう可能性もありました。それを踏まえて漆喰と棟瓦しめ直し工事を行いました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん尾張北店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-966-902